One's Shot

Twitterでは紹介しきれないカメラのお話やディズニーブログなどなど。Twitter→@psyche0008

【一眼レフの裏ワザ!】RAW現像いらず!?初心者向けのマル秘テク教えちゃいます

f:id:psyche8137143:20190420111927j:plain

One's Shot管理人、きっしーです( ॑꒳ ॑ )

 

先日、とあるフォロワーさんとtwitterのDMでやりとりをしていた際、「ホワイトバランス補正」について自分がよく使っていた方法をおもいだしたので記録がてら紹介したいと思います\('ω' )/

 

最近のデジタルカメラはRAW(ロウ)ファイルでの保存が初級機でもできて、しかも自宅のパソコンでフリー(無料)の現像ソフトが使えてしまうので便利ですよね✌︎('ω'✌︎ )

 

RAWとは?というのは別の機会に(っていうか上手く説明できる自信がない←)するとして、今回はPCでRAW現像が出来ない!という方に向けて、JPEGで何枚も撮り直しせずにホワイトバランスの調整ができちゃう画期的な裏ワザをご紹介しちゃいます(`-ω-´)✧

 

 

1回のシャッターで3枚記録!ブラケティング(BLK)機能がとっても便利!

f:id:psyche8137143:20190420114912j:plain

 

一眼レフの基本的な設定は、①露出(SS・F・ISO)、②ピクチャースタイル、③ホワイトバランスの3つ!

カメラにお任せのオート機能ももちろんいいですが、せっかく高価な一眼レフカメラを使っているわけですから色々とこだわりたいですよね。(主観です)

 

今回、ディズニーシーのダッフィーとグリーティングができる施設、ヴィレッジ・グリーティング・プレイスへと行ってきたので、ホワイトバランスは「白熱電球」を選択しています‪( ˙-˙ )✧‬

 

f:id:psyche8137143:20190420114955j:plain

 

白熱電球以外でももちろんOKなんですけど、特に自分が色味を決める上で大切にしてきたのがこの「WB補正/BKT設定」という項目です

(WB=ホワイトバランス、BKT=ブラケティング)

 

今回はCanonのEOS KissX5を使用しますが、基本的に他のメーカーにも共通してこの項目はあるはずなので、詳しくは取説をご確認ください(*∩ω∩)

 

f:id:psyche8137143:20190420115003j:plain

 

「WB補正/BKT設定」を選択すると、このような画面が出てきます( ´꒳​` )

 

それぞれ色空間が上下左右にG(グリーン/緑)、M(マゼンタ/紫)、B(ブルー/青)、A(アンバー/赤)、と4方向へ広がっています。

 

そして左下にある「BKT」という文字の横に、ダイヤルマークが見えますね( ॑꒳ ॑ )

 

普段、シャッタースピード等をこのダイヤルで動かしていると思いますが、この画面のままダイヤルを左右に回すと、中央の点が上下左右に3点現れると思います。

 

これが「BKT設定」です\('ω' )/

 

f:id:psyche8137143:20190420115016j:plain

位置が決まったら最後に必ず「SET:OK」ボタンを押します。

 

このOKボタンを押さずに設定を終えると、未設定のまま戻ることになるので要注意です( ´⚰︎` )

 

それでは、どんな風になるかと言いますと。。。!!

 

 

3パターンの写真が一度に残ります!
f:id:psyche8137143:20190420111935j:plain

(SS1/80・F3.2・ISO800、外部ストロボ:天井バウンス斜め後方)

 

このブラケティング(BKT)設定の凄いところは、RAWデータでもJPEGでも、1回のシャッターで3種類の色味を一気に記録できちゃうこと!!

 

整列グリーティングなんかでは、60分も並んでシャッターは基本的に1回、良くて撮り直して2回まで。。

パークでの一眼レフを初めた当初、好みの色を見つけるまでまた60分かけて並び直し。。。なんてのをやってたので(3年前?)、目から鱗とはこのことでした。。。( ;꒳​; )

 

f:id:psyche8137143:20190420115044j:plain

ちなみに、BKTをダイヤルで設定する前でも後でも、「十字キー」で上下左右に動かすこともできるのでご参考までに。

Canonの場合だけかもしれませんが、最初のホワイトバランスを選ぶときに「白色蛍光灯」にするとなぜか写真が紫がかった仕上がりになったので、そんなときは緑(G)方向に動かしたりして色味を調整しています( ´꒳​` )

 

ディズニーは関係ないんですけど、例えば和室で写真を撮ってるときって写真が緑っぽくなるんですよね。畳の緑色が影響してるのか、、?と思うのですが、そんな時はホワイトバランス補正を紫(M)に移動させて調整することもあります。

 

日中の屋外ではWBオートで問題ありませんが、室内においてはいろんなシーンで使うことが多いのでホワイトバランス補正はとにかく大切に!L(’ω’)┘三└(’ω’)」

 

 

最後にグリ施設を出たら、設定値は元に戻すこと!!

 

じゃないとショーパレで300枚撮影したら900枚のデータが手元に残ることになりますので(←やらかした)

 

 

それでは、(・ω・)マタネ✋

【シェフミッキー】シグマ広角レンズ2日目【ストロボ/バウンス】

f:id:psyche8137143:20190420102441j:plain

One's Shot管理人のきっしーです(∩´∀`∩)

 

先々週のアンバサダーホテルで夜シェフを堪能し、その翌日に朝シェフへ行ってまいりました\('ω' )/

 

【前回の記事】

【シェフミッキー】シグマ広角レンズ1日目【ストロボ/バウンス】 - One's Shot

 

友人のO塚さんからお借りしたSIGMAのArtシリーズレンズ、「14-24mm F2.8 DC HSM」がとにかく面白い!

 

ということで、シェフミッキーでのキャラクターグリーティング第2弾です(∩´∀`∩)

 

f:id:psyche8137143:20190417003426j:plain

  (SS1/60・F4.0・ISO800・焦点距離14mm)

今回の露出(SS,F,ISO)設定も全て統一してあります‪( ˙-˙ )✧‬

ズームレンズなので、焦点距離を広角側から順番に紹介したいと思います\('ω' )/

 

広角レンズ特有の中心部から四隅にかけて大きく歪んで広がっていく特性は、やはりミキミニよりもドナデジの方が相性が良さそうに感じました( ;꒳​; )

 

 

f:id:psyche8137143:20190417003458j:plain

   (SS1/60・F4.0・ISO800・焦点距離14mm)

 

声もあがらなくなるとはこのこと。。。

 

おデジ様の指さし破壊力で昇天致しました……😇

 

f:id:psyche8137143:20190417003828j:plain

   (SS1/60・F4.0・ISO800・焦点距離18mm)

続いてミッキー(∩´∀`∩)

 

なんのポーズかは分かりません()が、14mmだってのを18mmまでズームしてみました\('ω' )/

 

ミッキーの耳が歪んで縦長になってしまってますね。。(^^;

 

ミキミニは広角レンズの場合、ズーム側で全身を撮るくらい離れた方が良さそうです( ´⚰︎` )マナビマシタ

 

f:id:psyche8137143:20190417004324j:plain

   (SS1/60・F4.0・ISO800・焦点距離15mm)

 

最後にドナルド!15mmってなってますけど撮影当時の自分としては14mmにしていたつもりでした(^^;

 

ちょっとだけ上からドナルドを覗き込むようなアングルにしてみたのは、ドナルドの足が短く見えるようにするため❤←

 

短足❤かわいすぎる(笑)

 

 

 

 

今回の朝シェフ予約は8:30からだったのでアーリーも使わず(両パークの開園時間は4月の平日だったので9:00~)、お部屋でゴロゴロのんびりと過ごしつつゆっくりとチェックアウトしました\('ω' )/

 

 

f:id:psyche8137143:20190422002828j:image

ちなみにミキミニルームに宿泊すると(写真は2年前のクリスマス)、最上階の素敵な専用ラウンジでのんびりドリンクも飲み放題でチェックイン・チェックアウトも手続きができてさらにハイピリオンラウンジの朝食も無料!!

 

アンバサダーホテルやランドホテル、ミラコスタのスイートルームを検討されている方、1度は行ってみて欲しい(∩´∀`∩)

 

せっかくのリゾートを満喫するなら、奮発してお金をかけるのも悪くないですよ(ノシ 'ω')ノシ バンバン

 

それでは、(・ω・)マタネ✋

 

 

 

ご好評頂いてる別記事も併せてご覧下さい(∩´∀`∩)

【シェフミッキー】ワンショで背景が暗くならない設定方法のコツ【ストロボバウンス】 - One's Shot

【シェフミッキー】シグマ広角レンズ1日目【ストロボ/バウンス】

f:id:psyche8137143:20190416234308j:plain


One's Shot管理人、きっしーです( ॑꒳ ॑ )

 

先週のお泊まりディズニーから1週間が経過してしまいました……( ´⚰︎` )

 

今回(2019/4月)のアンバサダーホテルでは初日にホライズン、夜シェフ、そして翌朝に朝シェフを予約して行ってきたので、今日は一日目の夜シェフを紹介したいと思います\('ω' )/

 

【ホライズンベイ・レストランの記事はこちら】

www.onemanshot.fun

 

 

広角レンズでグリデビュー!めちゃめちゃ難しい。。(; ・`ω・´)

 

f:id:psyche8137143:20190416082546j:image

 (SS1/100・F4.0・ISO800・焦点距離20mm)

 

今回は友人のO塚さんに、SIGMAというレンズメーカーの「SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM」をお借りして広角レンズでのグリーティングを楽しんできました(∩´∀`∩)

 

普段は35mmの単焦点でしか撮影したことがないので、とにかくファインダーを覗き込むたびに新しい発見や驚き!!(゜ロ゜)

 

カメラの設定は以前にも紹介していますが、背景までしっかりと明るさを出したいのでストロボは天井斜め後方バウンス×かなり弱めのマニュアル1/16で発光させてます\('ω' )/

 

【詳しくはこちら】

【シェフミッキー】ワンショで背景が暗くならない設定方法のコツ【ストロボバウンス】 - One's Shot

 

 

ありがとうございます😭女神か、、、!
f:id:psyche8137143:20190416082530j:image

 (SS1/100・F4.0・ISO800・焦点距離17mm)

 

デイジー様からの投げキス……( ´ཫ` )

 

とにかくドアップで撮ることしか頭になくて足まで写せず()

 

いつもの感覚(35mm単)でキャラとの距離をとってしまうと、かなり離れてしまうことにあとから気づきました(; ´ω`)

 

 

ミニーさん腕細すぎでは。。。 

f:id:psyche8137143:20190416082541j:image

 (SS1/100・F4.0・ISO800・焦点距離19mm)

 

これ以上広角側(14mm)へ広げるとキャラがどんどん歪んでしまうので、ズーム側にレンズを回して構図を決めました(*∩ω∩)

 

今回のグリーティングでズームレンズを使うこと自体が久々だったのですが、単焦点レンズと大きく違うのは広角にしてキャラに寄るか、ズーム側にしてキャラから距離をとるかを瞬時に頭の中で切り替えなければならないですね(; ・`ω・´)

 

理想はもう少し距離をとって24mmまでズームリングを回すべきでした。。( ;꒳​; )

 

広角レンズは1mm違うだけで画角の印象がガラッと変わるのでとにかく難しい。。

 

ミキミニは広角域よりもズーム域で撮る方がオススメかも?

f:id:psyche8137143:20190416082535j:image

  (SS1/100・F4.0・ISO800・焦点距離22mm)

 そして最後にミッキーさん!

ポーズをとった瞬間に広角からズームに切り替えて、あえて全身ではなくバストアップで( ´꒳​` )

 

広角レンズだとどうしても画面の四隅へ行くほどパースペクティブが効いてしまって歪みが気になるのと、同時にキャラクターの構造上の問題かミキミニは大きな耳が後ろに小さく、お鼻が大きくなってしまってバランスをとるのが難しいかも。。(; ´ω`)

 

 

 

f:id:psyche8137143:20190417064247j:image

こちらは35mmで撮影した別日のシェフ(*∩ω∩)

耳の大きさが全然違いますよね( ´⚰︎` )

 

広角レンズの時は横位置で撮る方がいいかなー。。( ´ཫ` )

 

 

ちょっと消化不良な1日目でした。笑

 

それでは、(・ω・)マタネ✋

 

【アンバサダーホテル】久々のお泊りディズニーを満喫してきました(*∩ω∩)

f:id:psyche8137143:20190408221332j:plain

One's Sohtのきっしーです٩(ˊᗜˋ*)و

 

2019/4/7の日曜から一泊二日のお泊りディズニーを相方と久方ぶりに計画して、ディズニー・アンバサダーホテルへとやってきました!

 

これまでミキミニルームばっかり泊まっては(マイアニバーサリープラン目的で)散財ばかりしてきましたが、今回は朝のシェフミッキー目的で宿泊してきました( ・`ω・´)

 

何せ量が膨大なのでいくつか記事を分けて紹介できたらと思います。。笑

 

f:id:psyche8137143:20190408221431j:plain

今回予約したお部屋はこれといって何の代わり映えもしないスタンダードルームでしたが、イースターイベントが始まったばかりでも金額は低めの¥35,700-(1室)でした\('ω' )/

 

アンバサダーホテルに限らず、ディズニーホテルは全て「1室料金」となっているので、宿泊人数で割って泊まることができます( ॑꒳ ॑ )

 

いつかはミッキーズ・ペントハウス・スイート(1室30万)に泊まってみたい。。笑

 

f:id:psyche8137143:20190408221434j:plain

アングルを変えて、お部屋の窓側から撮影してみました(*∩ω∩)

 

今回はレギュラーサイズのベッド( ॑꒳ ॑ )

手前のベッドの下にはトランドルベッドが設置されているので、大人3名まで利用が可能です( ´꒳​` )

 

このレギュラーベッドは子供の添い寝がOKなので、レギュラーベッドに大人2名・子供2名、更にトランドルベッドに大人or子供1名で最大5名まで宿泊することができます(*∩ω∩)

 

この他にもレギュラーベッドが3つ常設されているトリプルルームや、アンバサダーホテルのプールを目の前に眺めるパームガーデンビュールームというのもありますので、詳細は下記公式HPをチェックしてみてください٩(ˊᗜˋ*)و

 



www.tokyodisneyresort.jp

 

 

豪華な内装!お部屋のあちこちを紹介します

f:id:psyche8137143:20190408221437j:plain

お部屋には2つの絵が飾られていました‪( ˙-˙ )✧‬

 

どちらもミッキーが可愛らしく描かれていますが、ミラコスタやランドホテルとは趣向が全然違うのでキャラクターが大好きであればアンバサダーホテルは一番オススメ!( ・`ω・´)
 

f:id:psyche8137143:20190408221439j:plain

 

↑壁紙にもミッキーやミニーがチラッと見え隠れしていて遊び心がいいですね

 

↓天井付近にも映画フィルムをイメージしたミッキー・ミニーのイラストが(∩´∀`∩)

 

f:id:psyche8137143:20190408221441j:plain

ミッキールームは壁紙一面がミッキーだらけ!ミッキー推し!!って感じでしたが、これくらいシンプルでも全然いいですね\('ω' )/

 

 

f:id:psyche8137143:20190408221444j:plain

こちらは入口から入ってすぐのドレッサーの鏡です( ´꒳​` )

 

大好きなファンタジアのミッキーがうっすらと見えますでしょうか(*∩ω∩)

 

 

f:id:psyche8137143:20190408221458j:plain

バスルームと洗面台です( ॑꒳ ॑ )

 

落ち着いた雰囲気ですが、こちらの壁紙もさりげなくミッキーが隠れています(∩´∀`∩)

 

f:id:psyche8137143:20190408221500j:plain

アメニティのシャンプー、コンディショナー、プラのコップ、更に綿棒やヘアバンドが入ったスクエアの缶も可愛いですね( ´꒳​` )

 

リゾート35thなどのイベント期間であれば絵柄も特別仕様に変わりますが、スタンダードな絵柄もとても可愛い!(*∩ω∩)

 

 

f:id:psyche8137143:20190408221518j:plain

コーヒー、煎茶が飲めるようにカップとグラスがありました。

 

氷はお部屋を出て各フロアにアイスルームがあるので取ってくる必要があります( ॑꒳ ॑ )

 

湯沸かしポットと、簡易的な冷蔵庫も設置されていました(*∩ω∩)

(冷蔵庫には無料のミネラルウォーターが3本入ってました)

 

春イベ!可愛すぎるうさピヨのポストカード(∩´∀`∩)

f:id:psyche8137143:20190409173559j:image

さて!ここからは春のイースターイベント限定のアメニティ?

 

ポストカードや紙袋のご紹介です( ´꒳​` )

 

そういえば今年からルームキーは持ち帰ることが出来なくなってしまいましたね。。

 

これまでお部屋のドアにルームキーを差し込むタイプでしたが、ドアにルームキーをかざすタイプに変更となったのでこちらのカードはチェックアウト時に返却です。

 

ちょっと残念( ´・ω・`)

 


f:id:psyche8137143:20190409173553j:image

各イベントごとに変わるポストカードです(∩´∀`∩)

 

この他にアンバサダーホテルのレギュラーのポストカード(通常のハガキサイズ)もありますが、上記の丸型はお部屋の中に隠されてますので探し出す必要があります( ・`ω・´)

 

こちらは探し出したあとにお部屋の電話から内線(9番)で「宿泊人数分お願いします」と伝えると追加で持ってきてくださいます( ॑꒳ ॑ )


f:id:psyche8137143:20190409173604j:image

こちらはお土産やアメニティなどを持ち帰るための紙袋!

ランドのうさたま大脱走(ミッキー)と、シーのTip-Topイースター(ミニー)が片面ずつ描かれています(*∩ω∩)

 

こちらもアメニティやポストカードと同様、お部屋の電話から内線9番で宿泊人数を用意して頂けました( ´꒳​` )

 

 

 

最上階の絶景!!

f:id:psyche8137143:20190408221539j:plain

そして最後に、お部屋からの眺め!今回ラッキーなことに最上階!!😳

 

お部屋のチェックイン時に最上階だということは聞いていたのですが、なんともラッキー……( ;꒳​; )

 

 

夕方5:30くらいに着いたのですが、夕陽がとても綺麗でした(*∩ω∩)

 

 

f:id:psyche8137143:20190408221540j:plain

 

そして夜になると雰囲気もガラッと変わります(`-ω-´)✧

 

右奥がイクスピアリで、左手の真下はハイピリオンラウンジのテラス(現在は屋内のみ)が見えますね(∩´∀`∩)

 

 

f:id:psyche8137143:20190409172826j:plain

さてさて、アンバサダーホテル旅行記1回目はこの辺で終わろうと思います( ॑꒳ ॑ )

 

 

不定期更新ですが気楽にやって行きますのでご了承くださいませ( ´꒳​` )

 

 

それでは、(・ω・)マタネ✋

【ホライズンベイ・レストラン】グリ納めしてきました(∩´∀`∩)【ノンストロボ】

f:id:psyche8137143:20190407114753j:image

はい!One's Shot管理人のきっしーです٩(ˊᗜˋ*)و

 

2019/7/8(月)をもってキャラクターダイニング(キャラダイ)を終了することになったホライズンベイ・レストランですが、早くもグリ納めに相方と行ってまいりましたL(’ω’)┘三└(’ω’)」

 

 

今回は窓際の1番明るい席だったので、ストロボを使わずに撮影してみましたので設定など参考にしてみてください(∩´∀`∩)

 

f:id:psyche8137143:20190407114824j:image

(マニュアルモード・SS1/160・F4.0・ISO:auto→320)

 

そういえば、ニュールックになってから初めてグリーティングしました。笑

 

他のゲストが撮影したりグリーティングしてるとこを横から眺めていると、ミッキーはどんな世界にいてもミッキーなんだなと感じますね( ´꒳​` )

 

 

今回の使用機材は後ほど紹介します‪( ˙-˙ )✧‬


f:id:psyche8137143:20190407114829j:image

(Avモード・SS1/50・F4.0・ISO:auto→100)

 

カメラの機能ってプログラムオートモード(Pモード)だったり、シャッタースピード優先のTvモード、絞り優先のAvモード、全て自身で固定するマニュアルモードといっぱいありすぎてとにかく面倒くさくなりますよね←

 

あくまでも自分の中の選定基準は、

 

グリーティング・風景・物撮り

→PモードかAvモード

ショー・パレード

→Tvモードかマニュアルモード

こんな使い分けをしてます(*∩ω∩)

 

何が正解かって言うのは特にありません。

「カメラ任せが楽ちん♪」と考えてもいいし、「全てマニュアルモードで撮ってこそカメラの醍醐味!」というのも楽しいですよね。

 

この辺はまた次回、お話したいと思います( ´꒳​` )


f:id:psyche8137143:20190407114833j:image

(マニュアルモード・SS1/160・F4.0・ISO:auto→500)

 

最後はプルート\('ω' )/

 

人懐こくて顔がとにかく近い(汗)←

 

 

 

 

使用機材

f:id:psyche8137143:20190407123027j:image

  • Canon EOS6D
  • EF35mm F2 IS USM

 

今回は全ての写真をノンストロボで撮影してみました(∩´∀`∩)

 

運良く大窓に近い席(↑右側が全てガラス張りの大窓)で、かつ曇天だったのでとても撮影しやすい環境でした(*∩ω∩)

これがカンカン照りだと、窓の枠がキャラにかぶってかなり苦戦するんです。。( ̄▽ ̄;)

 

【ホライズンベイ・レストラン】キャラダイ終了を受けてワンショ大放出します! - One's Shot

 

前回の記事ではストロボを使用した設定を載せてますので、参考になりましたら(๑ ́ᄇ`๑)

 

 

それでは、今夜はアンバサダーホテルに宿泊してきますのでこの辺で

 

(・ω・)マタネ✋

 

 

【ディズニーシー】1つのショーが終わったお話

f:id:psyche8137143:20190402235303j:image

2019年3月31日、日曜日。

ロストリバーデルタのハンガーステージで公演されてきた「アウト・オブ・シャドウランド」が、約2年半という短い期間でその幕を閉じました。

 

奇しくも、年パス制限日(2019/3/28~3/31)が設定されてしまった期間での最終公演。

同年3/18(月)からは抽選(初回のみ全自由席)ルールに切り替わりましたが、実際に抽選を実施したのは最終日とその他数日だけ。

 

近年のTDRショー終演日は最終回(以下、ラス回)を狙って開園と同時に自由席を確保せんがために大混乱が起きるのですが、今回のアウト・オブ・シャドウランドでは前日の3/30(土)すらも抽選はありませんでした。

 

このことからも「伝説に残った」系の釣りタイトルの記事やSNSがかすらないほど静かに終わりを迎えたわけですが、『混雑すればいいショーだった』などとは微塵も思わないので平和に最終公演を迎られて、いちファンとしては安堵しています。

 

 

先に断っておきますが、このアウト・オブ・シャドウランドについて「見たことがない」方にとって全く内容が伝わらない・わからない記事となってしまいそうなのでご容赦ください(;^ω^)

 

 

ただのプロジェクションマッピングショーではない!

同ショーの公開当時、多くの方が目を引いたのは「最新技術を駆使した○○!!」的なプロジェクションマッピングの宣伝。

 

出演者による生歌のミュージカルエンターテイメントではあったものの、ストーリーがマッピングによる映像とともに進んでいくためアドリブ性も少ない印象でした。

 (いつだったか、メイがランタンを外せずそのまま途中キャンセルなんてこともありましたね。。)

 

「所詮は映像だろう」というイメージが多くの方に付いてしまったのも否めません。

 

加えて、前ショーの「ミスティックリズム」が10年以上のロングランとクオリティで比較せざるを得ない状況も分かります。

(事実、自分も初めて鑑賞するまではそうでした。どうせプロマでしょ?的な。すみません……)

 

TDS開園と共に歩んできたハンガーステージの前作「ミスティックリズム」では、大掛かりな舞台装置に光の演出と生演奏、さらに屈強な筋肉美のダンサーさんによる力強い演舞が「大人向け!!」という確固としたイメージを作り上げてきました。

 

対して「アウト・オブ・シャドウランド」は、生歌だけど生の楽器演奏はないし、目を引く舞台装置としてはロープによる空中演出くらい。

 

「ミッキーなどのキャラクターが出演しない」という伝統は残しているものの、「キャラクターに頼らなければ大人向けなのか?」という話でもないですよね。

 

自分はこのショーを初めて鑑賞した時、涙が止まりませんでした。

 

その1番に思い浮かべたのは、、、

  

これぞ『冒険とイマジネーション』!

先に述べた「プロジェクションマッピング」は、単なるショーの味付け。演出のひとつです。

 

あくまでも主観なので感想は人それぞれですが、このショーが1番伝えたかったことって、プロジェクションマッピングではないですよね。

 

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドのプレスリリースでも、アウト・オブ・シャドウランドでは総工費20億円を投資したという気合いの入れよう。

 

の、割りに拍子抜けした部分も感じたのでは?

(前ショーの舞台装置撤去費用を差し引いても)

 

実はハンガーステージの照明設備はミスティックリズムの時代から年々進化を続けていたのですが、他のショーベースやダイヤモンドホースシュー、ブロードウェイミュージックシアターといった屋内施設とは全く異なる照明システムが使われています。

(機種名や型番云々はわかりません。さーせん。)

 

ハンガーステージはショー開始前であっても写真が撮れないのがとても残念。。。

 

客席側の天井に設置されている球体に覆われた照明機材や、舞台の上に吊り下げられた特殊LED照明機器など、これらは後継ショーの「ソング・オブ・ミラージュ」でも使われる可能性は十分にあるであろうと予想してます。

 

 

突き刺さるメッセージ性と感動の歌声

内気で成長過程にある主人公の少女「メイ」が、様々な困難(という名の妄想)を乗り越えて『本当の自分を探す』メッセージ性の高いストーリー。

(単に自分がヒューマンドラマ系に弱いだけなのも加味してこの先もお楽しみください)

 

誰しもが子供の頃から「自分に自信を持っている」人だったら、人生苦労なんてしません←

 

本当の自分って、気まぐれだし、嫌なことからは逃げ出したいし、好き勝手生きていたいし、困難なんて逃げだしたい。

 

 

余程のドエムか変人ではない限り、子供の頃から困難に立ち向かう勇気は持ち合わせていないと思います。

(好奇心と言う解釈もあります😅)

 

 

人生は選択の連続。

 

自分はこのショーを初めて見た時に、「将来子供が出来たら、絶対に見せてあげたい!!」と思いました。(叶わず)

 

「自分を信じる勇気」って、大人にだって難しいテーマだなーと思います。

 

 

セリフが多いショーなのでカメラ撮影NGだったのがとても良かった

これは一眼レフのブログをやっている身として完全にブーメランだと思ってますが(💧)、近年の一眼レフは比較的安価に購入することもできるようになった背景から、TDRでも一眼レフを構えるゲストがとにかく増えました。

 

日本人ゲストだけでなく、外国人観光客もとにかくみんな一眼レフ!

 

 

ミスティックリズムでは迫力の生演奏が目立つ構成でもありましたが、アウト・オブ・シャドウランドでは静かで雰囲気重視のシーンも多く、メリハリのあるショーでした。

 

ビデオカメラでは液晶モニターが後方ゲストの迷惑にもなり、一眼レフのシャッター音も1人2人ならともかく大勢となるとかなり雰囲気を壊してしまいます。

 

スニーク(正式公開前の公開リハ)では撮影可能でしたが、結果として全ての撮影がNGとなった事はとても良かったと思います。

 

(※ラス日ラス回でも撮影するゲストは見当たりませんでした。)

 

 

人気がなかったから短命だったのか?

ここまで書いておいて話を戻しますが、アウト・オブ・シャドウランドの人気は(どちらかと言えば)かなりマニアックなオタク向け。

では、他のショーに比べてここまで早いスパンでレギュラーショーが切り替わる理由とはなんでしょうか?

 

 

個人的にはここ最近の「キャラクター需要」の高まりとゲストの声を、オリエンタルランドウォルト・ディズニー本社が汲み取った結果だと思っています。

 

特に2年半というショートスパンはアウト・オブ・シャドウランドの開始当初から見込まれていたか、もしかしたらTDR35thの開幕と同時に新ショーへ切り替えていたかも知れません。

(※個人の意見であり、単なる妄想です)

 

 

単純に「人気が出なかったから」という理由で終演したと思いたくないのもありますが。。笑

 

(終演が発表された後、パークが混雑する週末でも空席の目立つ状況は続いていましたので。。)

 

 

 

大人向けのショーって、そもそもどういう定義?

一瞬だけディズニーから離れますが、単語として「キャラクターショー」と聞くと、いわゆる遊園地等の戦隊モノからご当地キャラや総合スーパー等のミニショーを連想する方も多くいると思います。

 

 

対して、東京ディズニーリゾートにおけるキャラショーはとにかく世界レベルでクオリティの高さを誇っています。

 

ビッグバンドビートのようにキャラクターが出演していても大人向けなショー構成があったり、マイフレンドダッフィーのように子供向けにも対応出来るのがディズニーの魅力だと感じています。

 

 

東京ディズニーシーが開園して今年で(あと半年で)18年目を迎えようとしていますが、当初のメインターゲットである「大人向け」のコンテンツを、幅広い年齢層が楽しめるようアトラクションにもキャラクター要素を多く取り入れてきています。

(トイストーリーマニア!や、ジャスミンのフライングカーペット、ニモ&フレンズ・シーライダー等も)

 

 

これは仮説ですが、当初ディズニーシーに大人の魅力を感じて通っていたどの世代にも、子供や、孫が産まれていておかしくない状況に来ていると思います。

(変化しているのはパーク側だけではなく、常にゲスト側なのかな、とも。)

 

家族が共通して楽しめるエンターテイメントって、そうそうないよなーと感じつつ。

 

完全に素人意見ばかりで主観満載ですが、不器用ながら思いの丈をブログにさせて頂きました。

 

 

アウト・オブ・シャドウラン

 

間違いなく大人向けの、冒険とイマジネーションを存分に体感することの出来るとてもいいショーでした

 

ありがとう。

【アンバサダーホテル・FTW】披露宴に豪華キャラクターが大集合!!

f:id:psyche8137143:20190319212622j:plain

 

One's Shot管理人のきっしーです(*∩ω∩)

 

 

先日のアンバサダーホテルFTW記事

 

 <披露宴会場の様子>

www.onemanshot.fun

 

<挙式&ガゼボのカメラ設定>

 

www.onemanshot.fun

 

 

 

好評いただきありがとうございます‪⸜(*ˊᵕˋ*)⸝‬

 

今回はいよいよ!披露宴のキャラクター撮影方法についてご紹介いたします(*∩ω∩)

(掲載許可を頂きましたD友のMさん夫妻、RくんYさん、ありがとう!) 

 

ちなみに、今回式を挙げた新郎新婦さんたちからは(というかほとんどの場合のD友達の場合?)キャラクターメインの撮影を頼まれているので、キャラのワンショをメイン前提条件で進めていきます。

 

新郎新婦さんの写真は、ハピエストデイのプランに必ずホテル側のプロカメラマンを付けなくてはならないため(外注のカメラマンもゲストとして扱われるため席が必要)メインの新郎新婦さんはプロカメラマンにお任せしちゃいましょう( ・`ω・´)

 (プロカメラマンと同じ構図の写真を撮ってもあとで選別が大変ですので。。笑)

 

 

f:id:psyche8137143:20190320223819j:plain



とにかく普段のキャラクターグリーティングとは設定もまるで変わってきます!

 

まず、今回使用したカメラ機材はこちら。

 

◽︎

  • Canon EOS6D
  • EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
  • Nissin Di700A

 

初級者用のCanonのKissXシリーズや80D、8000D、Nikonの4桁Dシリーズ等のAPS-Cセンサーの場合はキットレンズの18-55mmでもOKです‪( ˙-˙ )✧‬

 

これまでDisneyホテルだけでなく更に大きな披露宴会場でもブライダルの撮影を頼まれたことがありますが、基本的に室内なので照明は暗く、かつ広範囲で撮影をしなければならないた70-200mmのような中望遠域の通しレンズは真価を発揮してくれます( - ̀ω -́ )✧

 

とはいえF2.8まで解放してしまっては全く参考になりませんので、今回は全ての設定をF4.0で統一し撮影しておりますのでご参考に(∩´∀`∩)

 

(自分がブライダルの撮影を見てきて、70-200mmのF4を使うプロカメラマンさんもいました。F2.8より軽いし安いのでとてもいいかもしれません✨)

 

f:id:psyche8137143:20190320224244j:plain


SS1/80・F4.0・ISO400 、焦点距離135mm、天井バウンス(マニュアル発光1/4)

披露宴の序盤、ミッキー、ミニーがケーキ入刀のお手伝いにやって来てくれます。

 

f:id:psyche8137143:20190320224637j:plain

SS1/80・F4.0・ISO400 、焦点距離80mm、天井バウンス(マニュアル発光1/4)

 

 このケーキカットシーンでは、ミッキーがケーキに向かって左、ミニーがケーキに向かって右側になります。

この時、会場の広さと招待されるゲストの人数によってテーブルの数や配置が大きく変わってしまいます。今回、ミニーは残念ながらケーキに隠れるような並びになってしまった為(過去のFTWで参加した時も似たような状況に何度かなりました)、運次第ということも入れておきましょう。

 

ちなみにキャラクターの目線は、狙って撮れる状況ではありません。基本的にキャラクターはホテルのカメラマンを常に見ているか、たくさんの正体ゲストに手を振ったりしていることが多い為、どのキャラクターに関してもここが限界点かなと思います。

 

 

新郎新婦中座前のミニグリーティング

f:id:psyche8137143:20190320225257j:plain

SS1/180・F4.0・ISO800 、焦点距離180mm、天井バウンス(マニュアル発光1/4)

 

続いて、中座前のドナルドとチップ&デールのグリーティングです。

 

ここからは新郎新婦の選ぶプランによってプルートが出てきたりすることもありました。

f:id:psyche8137143:20190320225326j:plain

SS1/180・F4.0・ISO800 、焦点距離200mm、天井バウンス(マニュアル発光1/4)

なかなか見ることができないチップ&デール!

 

チップは赤いスカーフ、デールは青いスカーフ。

 

f:id:psyche8137143:20190327000133j:plain

SS1/180・F4.0・ISO800 、焦点距離180mm、天井バウンス(マニュアル発光1/4)

ちなみにこのミニグリーティングはホテルのカメラマン・ビデオ撮影隊が目の前で撮影しているので、脇からというか後ろから撮影しています。

こちらも目線は、撮れたらラッキーかなと言ったところ。

3人とも最終的にコスチュームを変えてまた戻ってきますので、目線を撮るならフィナーレがオススメです。

 

ちなみにこれだけ席を離れて披露宴会場のキャストさんから何も言われないのか?

 

と思われるかもしれませんが、ホテルのカメラマンさんからも「この後キャラクターがきますので横からガンガン撮ってください!」とアドバイスをもらえるほどでした(慣れてますね。。笑)

あとは主役である新郎新婦たっての希望ですから!←

 

ハピエストデイ、クライマックス!!

f:id:psyche8137143:20190320230943j:plain

SS1/180・F4.0・ISO125 、焦点距離100mm、天井バウンス(マニュアル発光1/4)

 

ここから会場はフィナーレへと向かって行きます(∩´∀`∩)

 

設定(ISO)を見ていただけると明らかですが、会場の照明もMAXに!!

 

f:id:psyche8137143:20190320231007j:plain

SS1/180・F4.0・ISO125 、焦点距離100mm、天井バウンス(マニュアル発光1/4)

先ほどのキッチンスタイルから一変して、お尻が隠れるほど長い燕尾ジャケットのチップさん。

 

f:id:psyche8137143:20190320231155j:plain

SS1/180・F4.0・ISO125 、焦点距離100mm、天井バウンス(マニュアル発光1/4)

デールも同じく長いテールの燕尾ジャケット、胸元にはお揃いのバラのような花飾りが( ´꒳​` )

 

f:id:psyche8137143:20190320232414j:plain

SS1/180・F4.0・ISO125 、焦点距離85mm、天井バウンス(マニュアル発光1/4)

グーフィーさんもかっこよく決まってます!!

 

今回は中央の新郎新婦に向かって右側にいたミッキー、チップ&デール、グーフィーを撮影してみました(´∀`*)

 

f:id:psyche8137143:20190327000348j:plain

SS1/180・F2.8・ISO200 、焦点距離70mm、天井バウンス(多分マニュアル発光1/4)

こちらは2016年10月に撮影した別の友人のFTWになりますが、中央から左側のミニーさんのショット( ॑꒳ ॑ )

 

ハピエストデイではクライマックスで7キャラが出てきますので、欲張らず、撮りたいキャラを撮影するのがいいと思ってます。

 

f:id:psyche8137143:20190320232537j:plain

SS1/180・F4.0・ISO125 、焦点距離200mm、天井バウンス(マニュアル発光1/4)

ドナルドとデイジーもとっても可愛いのですが、白飛びが怖いのでかなり慎重になってしまいました。。(笑)

 

またアンバサダーホテルのFTWにお誘いを受けているので挑戦したいと思います。。(; ´ω`)

 

f:id:psyche8137143:20190320232818j:plain

SS1/500・F4.0・ISO125 、焦点距離100mm(ノンストロボ)

こちらはたまたま撮れた、失敗写真(笑)

 

ストロボの充填が間に合わず発光しなかった時にシャッタースピードが一瞬だけ外で撮った時の設定(SS1/500)に戻ってしまったものです。

 

全然参考にはなりませんが、キャラクターの動きが早いのでシャッタースピードを速くしたいところ。

ストロボを装着すると強制的にシャッタースピードが1/200以下(メーカーによっては1/180以下)となりますのでお気をつけください(理由はググって←)。

 

 

f:id:psyche8137143:20190320233940j:plain

SS1/180・F4.0・ISO125 、焦点距離70mm、天井バウンス(マニュアル発光1/4)

 

 ストロボが光るとこんな感じ!

 

全然違いますね。。。笑

 

番外編:オプションのライブエンターテイメント!

f:id:psyche8137143:20190320234448j:plain

こちらは新郎新婦がプランの中に追加することが出来るオプションのエンターテイメント(∩´∀`∩)

 

今回はスティッチが”オハナ”のフラダンスを披露してくれました\('ω' )/

 

他にもプルートのパラパラダンス、フェアリーゴッドマザーのプリンセスレッスン、ジーニーのボンファイアーダンスの中から一つ選ぶことができるようです!

 

 

 

ザ・ハピエスト・デイ~シェア・ウィズ・ミッキー&フレンズ~ | プラン | ディズニーアンバサダーホテルのウェディング | ディズニー・フェアリーテイル・ウェディング

 

 

今回列席させていただいたFTWの詳細は公式WEBサイトからご覧くださいませ!

 

それでは、(・ω・)マタネ✋