One's Shot

Twitterでは紹介しきれないカメラのお話やディズニーブログなどなど。Twitter→@psyche0008

2020/3月の出来事まとめ

コロナウィルスの影響により閉園を余儀なくされたTDRや全世界のディズニーパーク。

そんな中で起こった出来事を日付順でまとめてみました!

 

 

【2020/2月のまとめ記事はこちら!】

www.onemanshot.fun

 

 

3/1(日)

3/1~3/19のToday更新。

ホテル宿泊者のほんの数人に配布されたのち、両パークが休園しているためその後配布取りやめに。

 

 

3/5(木)

コロナの影響によりピクサーの最新映画「1/2の魔法」公演延期が発表される。

(他にもドラえもん のびたの新恐竜、ムーラン、007/ノー・タイム・トゥ・ダイなど。)

 

3/7(金)

ポリネシアンテラスで昼ルアウの代わりにカラフルで華やかなパンケーキを楽しめる限定ランチのPS受付(ホテル枠)が開始。¥1,800-。

 

②「99人の壁」にてディズニー特集クイズバトルが放送。

並々ならぬ猛者がひしめき合い、優勝者にはバケーションパッケージがプレゼントされるなど豪華な内容。

 

3/9(月)

上海ディズニーランド、一部エリアのみ営業再開。

但し、上海市が日本人の受入を拒否しているため行くことは難しい。

 

3/11(水)

両パークの休園期間の延長、年パス使用期限・年パス引換券等の延長措置を発表。

 

 

3/13(金)

パリディズニー、アナハイムWDWも休園を発表。

 

ディズニークルーズも日本人の乗船規制中(~2020/5/31)。

その後、ディズニークルーズが4/12までの全ての航路を欠航と発表。

カナダが7/1までの入港を認めない発表があり、それまではアラスカ航路の発着ができない事態に。

 

3/16(月)

株主優待パスポートについて、2020/6/30までの有効期限付きパスポートが2020/9/30まで有効期限延長を発表。

 

 

3/17(火)

①ランドのエントランスからミニーマウスの花壇が撤去される(ベリミニの事実上の終了)

 

②OLC本社周辺にて複数のカラーバルーンが目撃される。

新エリアや新施設の開発に伴う建物の高さなど(例:パーク内から新しく作られる建物が見えるのか、見えないのか等)を計測しているのでらないかとの噂。

現状として本社を縮小しパークを拡張すると言うよりも、バックステージの倉庫増設などが現実的で濃厚なのではないか?

真相は不明。

 

3/18(水)

①2019年冬に配信予定していたスマホアプリ、「ツイステッド・ワンダーランド」が満を持して配信スタート。

各方面で喜びの声が多発。

 

②「今夜くらべてみました」でディズニー大好き女子特集が放送。

WDWをメインに海外のディズニーも特集されるなど、ライト層だけでなく見どころも多かった印象。

 

3/19(木)

スペシャルイベント「ベリー・ベリー・ミニー」、「ピクサー・プレイタイム」の最終日をパーク休園のまま迎える。

TDR公式YouTubeアカウントにて、両イベントのメインショーである「イッツ・ベリー・ミニー」、「ピクサー・プレイタイム・パルズ」がダイジェスト版で配信される。

 

なお、再生回数は2020/4/3現在でイツベリ→175万回、ピクサー→79万回。

イツベリに関しては撮り下しで舞台裏シーンも盛り込まれ、今年1度きりのイベントに幕を閉じた。

 

3/21(土)

FNS歌謡祭にて「イッツ・ベリー・ミニー」が放送。

 

3/25(水)

ファンタズミック!終演。

TDR公式YouTubeチャンネルにて、ダイジェストではなくフルバージョンで配信される。

動画の最後にミキ広にてキャラクターたちによるエンディングシーンも。

(3/23の夜に撮影された様子)

なお、再生回数は2020/4/3現在で脅威の212万回。

 

3/26(木)

JR舞浜駅のホームが東京方面、蘇我船橋方面ともに増設を発表。

混雑緩和を目指す、、、といったものの、完成は2024年。めっちゃ先。

 

3/27(金)

パークの営業再開する予定を4月上旬としていたが、4/19(日)まで休園延長発表。

早くても4/20以降の営業再開。

また、4/1以降は4つのDホテルも完全休業(閉鎖)することを発表。

(*これまでは宿泊、1部のレストラン、FTW等が内容を一部変更して営業していた。)

 

これにより、密かに進めていた舞浜F4(笑)でのミラコスタお泊まり豪遊計画が頓挫することとなる。

 

3/31(火)

①昼ルアウ、アリエルのグリーティンググロット最終日。

TDR公式のYouTubeチャンネルにてダイジェスト版が配信される。

こちらも開店前のキャラクターたちの様子や、ポリネシアンテラス前の広場に出てきてわちゃわちゃするシーンなど盛り込まれている。

なお、再生回数は2020/4/3現在で21万回。

 

NHK「プロフェッショナル」にて、TDRで活躍するキャストさんに焦点をあてたスペシャル番組が放送。

取材期間は昨年末から約2ヶ月にも及ぶロングスパン。

ホウキでキャラクターを描くカストーディアル(松本悦子さん)や、様々なアトラクションのメンテナンスを深夜に行う技術スペシャリスト(福貴田崇さん)、またイレギュラーなトラブルに対するバックステージでの活躍など。

(*キャストさんのお名前はNHK公式ページより引用)

 

2020/4/1以降のチケット値上げ金額に1箇所だけ修正が入ってました(゚ω゚)

大変お久しぶりのブログ更新ですが、記録として残します。

 

One's shotのきっしーです⊂*1

 

2020/1/30にOLCより発表されたTDRのチケット料金改訂について、昨夜ちょっとした調べ物をしていたときに改訂箇所を発見したので記録しておきます。

 

<発表当時の金額>

障がいのある方向けの「小人(4-11歳)」料金ですが、この当時は4,600円でした。

f:id:psyche8137143:20200329121728p:plain



<2020/3/9、修正>

一部チケット料金について改訂のお知らせがありました。

障がいのある方向け1デーパスポートチケットの小人(4-11歳)のみ、3,900円に修正が入ったようです。

 

f:id:psyche8137143:20200329121332p:plain

 

現状、TDRはコロナウィルスの影響で2020/4/19まで休園延長が発表されています。

小さな改訂ではありますが、お知らせをかねてブログに記したいと思います。

 

 

【(株)OLC ウェブサイト】

www.olc.co.jp

*1:・x・

3月2日はミニーの日!シェフ・ミニー大大大集合!

f:id:psyche8137143:20200302232225j:image

 

3月2日と言えば、ミニーの日!!

 

これまで会ってきたシェフミッキーでのミニーちゃん全部いっきに載せちゃいます(*´∀`)人(´∇`)

 

f:id:psyche8137143:20200302232044j:image
f:id:psyche8137143:20200302232036j:image
f:id:psyche8137143:20200302231913j:image
f:id:psyche8137143:20200302232027j:image
f:id:psyche8137143:20200302232041j:image
f:id:psyche8137143:20200302231923j:image
f:id:psyche8137143:20200302231927j:image
f:id:psyche8137143:20200302231919j:image
f:id:psyche8137143:20200302232032j:image
f:id:psyche8137143:20200302232233j:image

 

f:id:psyche8137143:20200302232931j:image
f:id:psyche8137143:20200302232927j:image

 

 

時間がなくてこれだけですが、また更新致します‹‹\(´ω` )/››

2月出来事まとめ

f:id:psyche8137143:20200121232304j:plain

 

アッっというまの1ヶ月!

2月は本業のお仕事が一気に忙しくなってしまい、抜けてるネタがかなり多いかも。。。

 

主要なネタはほぼ入ってると思いますが、

 

↓↓↓↓↓↓↓↓前回のまとめ記事↓↓↓↓↓↓↓

 

www.onemanshot.fun

 

 

2/3(月)

パレードルートにてベリーベリーミニーのバナーが新デザインで登場!

(結果的に3月から予定されていたデザイン変更は休園が明けてから)

 

 

2/4(火)

ランドの「バイシクル・ピアノ」にて、外国人ゲストがピアノ演奏を披露する動画が話題を呼び拡散される。

1月に話題となったブレイクビートダンサーズに乱入したゲストとは違い、今回はバイシクルピアノの演者さんから「弾いてみて!」と招かれた形での出来事であった。賛否が一部ゲストで話題に。

 

 

2/8(土)

①ファンダフル会員向け限定販売のベリミニポータブルクッション、再販。

1人1個、年パスの人はファンダフル会員証の名義が一致しないと購入不可

(ワンデーパスは名前の確認なし?)

 

②3月のショーパレスケジュール更新。

ファンタズミック→3/7,14,21,23,24,25の6日間のみ1日2回公演(18:30/21:05)

Tip-Topイースター→1日3回公演(10:30/14:00/16:30)

ジャンボリミッキー→3/7~3/19まで初回が9:40に前倒し

 

 

2/10(月)

①エクスペディションイートのユカタンソーセージドッグが再販。公式サイトより。

→その日のうちに当日販売分が売り切れに!?

→その後、「なんだか小さくなった?」ように感じるものの通常販売へ。

 

トイストーリー4がアカデミー賞の長編アニメーション部門で最優秀賞を受賞!

 

③国道357号の渋滞緩和を目的として整備が進められている「舞浜立体」について、2020/6月をめどに開通できる見通しとの発表。

 

2/11(祝火)

①シンデレラ城前で公演中の「ジャンボリミッキー」で、鑑賞エリアを飛び越えてショーの音が届く範囲全域で大々的な「大人ジャンボリ」が話題に。

ツイートされた動画は約2800RTに届く勢いで拡散されるものの、一部ゲストから苦言も。

あくまでも「大人ジャンボリ」はゲスト側の通称であるものの、キャストさんが移動式のスピーカーを持ってきて「みんなで参加しましょう!」と呼びかけながらゲストが一体となって楽しむものとなっている。

 

 

②タートルトークにて、「くーじーらーさぁぁぁん」がどいてくれず、そのまま途中キャンというハプニング。

楽しんでいたゲストには優先入場整理券が配られたそう。

 

 

2/18(火)

「ベリーベリーリミックス」2回目公演がシステム調整により途中から通過のみのシス調。

1-Aの停止後、クリッターカントリー入口付近にてドナルドのお立ち台に不具合発生→そのまま1-Bが途中でフロートからの音源のみとなり、その後フロートからの音源も止まる。

ドナルドのお立ち台が動くようになるものの、無音のままフロートが動き出す。

キャッスルフォアコートからトゥモローランドにかかる橋で一時停止、ドナルドとグーフィーがフロートに乗る。

ニューファンタジーランドに入る場所で音源再開するも、トゥーンに入るところでまたも音源停止。

以降終了まで無音のまま(エリアBGMが流れる中)通過へ。

 

 

 

2/19(水)

ディズニー公式アプリでフォトキーカードが対応開始。

 

 

2/20(木)

ポリネシアン・レストランの運営形態変更について、公式Webサイト発表。

昼ルアウの終了(2020/3/31)後は、キャラダイではなくパンケーキを楽しめるメニューが2020/4/8(水)から切り替わる。

昼ルアウの終了発表自体は昨年でしたが、昼ルアウはもともとミッキー、ミニー、チップ、デール、リロ、スティッチの6キャラ出てくるため、フォレストシアターの新ショー1日10回公演に向けての対策かも?

 

2/21(金)

アクアスフィアの改修メンテナンスが完了し囲いが取り払われる。

これまで台に登って撮影をしていたゲストに苦慮していたのか、台の淵ギリギリまで柵を広げてゲストが登れないようになった。

 

 

2/25(火)

①シーでグリグロ休止に伴い、アリエルがドレス姿でフリグリ開始。

(コロナウィルスの影響により離れてのご挨拶のみ)

 

②ランドEパレのトレインリハブへ。

普段チデが乗っているエアシップへミキミニが搭乗し、チデ、グーフィーがカット。

(※トレイン含め、フロートのリハブは毎年恒例)

 

③シーでファンタズミック!の台紙付きフォトファン販売開始。

場所は5番あたり。

 

 

2/26(水)

ディズニー公式アプリでのWebショッピングにて、小分け袋(ショッピングサイズ2種)を無料で付けられるようになる。

注文点数分。サイズ指定は不可。無料。

 

 

 

2/27(木)

2020/4/1~2021/3/31までの年間パスポートの絵柄が発表される。

共通→ミッキー実写

陸単→ミニー実写(ミニーのスタイルスタジオ)

海単→ ダッフィー実写

(そういえば、昨年の海単はソアリンにならなかった) 

 

 

2/28(金)

①2020/2/29~3/15までの16日間、新型コロナウイルスの影響で東京ディズニーランド、シーを休園とする発表が出る。

ホテル宿泊と、レストランの一部は営業、FTWは一部内容変更(詳細不明)、リゾラ運行(便数減)。

イクスピアリ、ボン・ヴォヤージュも休業。

 

②アナザースカイにて風間大先生が出演!

フロリダの年間パスポートを購入したことなどを紹介。

そして今回も数々の名言を残してくださいました!!

「魔法をかけた人達がいるってことが一番感動する。魔法で世界が出来たわけではなくて、一生懸命魔法をかけた人達の努力だったり、意志みたいなものが一番感動させる。」

「その人達の努力のことを『魔法』と言うんだと思う」

「ここは、一生をかけて遊ぶ場所!」

 

 

2/29(土)

Twitterに「#エアTDR_now」が流行。

パークはいつもの様に運営しているかのような賑わいに。

 

 

 

以上、2020/2月のTDRネタ学級会まとめでした٩( ᐛ )و

 

 

 

【Dヲタ・ニュース】2020/1月に起こったあれこれ

 

2020年が始まって早くも1ヶ月!笑

TDRのお正月に始まり、新イベントの開始で多くの出来事が起こりました!

今月もざっくりとまとめております🙇‍♂️

 

 

【2019/12月に起こった出来事まとめはこちら】

www.onemanshot.fun

 

 

1/1(水・元日)

ランドのパレードはチップ・デール・クラリスがリマウジンに乗車して登場!(2019年までは徒歩)

 

 

1/3(金)

お正月中のダブル制限

ランド→サイト表記11:45~17:00→15:30解除

シー→サイト表記12:50~16:00→15:00解除

 

 

1/4(土)

ランドのアトモスショー、ブレイクビートダンサーズにて公演中に突然の一般ゲストがダンスバトルのように乱入。

動画がTwitterで拡散され騒ぎになる。

 

1/5(日)

ファンタズミックにて、カー(ジャングルブックの大蛇)の尻尾が切れて途中キャン(システム調整キャンセル)。

 

②お正月イベント、最終日。

 

1/6(月)

①ミートミッキー、5日間のリハブ開始。

リハブは毎年とは言えないまでも、建物の老朽化もあるのでそろそろ(何年かしたら)リニューアルしてもいい頃、、?

 

東京ディズニーランド東京ディズニーシー、両パークの合計来園者数が777,777,777人を達成!

TDR公式アカウントにて白雪姫のキャラクター「7人の小人」たちがお祝い動画をUP。

あともう少しで8億人。顔認証システムで厳正な判別可能?(笑)

 

③オリコ○ンニュース引用

『アナ雪2』の興行収入100億円を2019/12/31の大晦日時点で達成と発表される。

その後、1/5までに112億8878万円へとまだまだ記録を伸ばし、さらに世界興行収入は初作「アナ雪」を塗り替えアニメーション史上歴第1位を記録。

 

 

④ボンボヤージュにてガチャ系グッズの中身を計量しながら買うものを選別するゲストがSNSで晒される。

 

 

1/7(火)

TDSイベント「ハートウォーミングデイズ」グッズ販売スタート。

*グッズ販売は~2020/3/22(日)

 

1/9(木)

①デイジー・スクリーンデビュー。

 

②ベリーベリーミニー・ピクサープレイタイムのスニーク(TV・メディア向けプレショー)実施。

 

1/10(金)

①ランドのスペシャルイベント「ベリーベリーミニー」、シーのスペシャルイベント「ピクサープレイタイム」スタート。

*イベントは~2020/3/19(木)

 

②ランドのダイヤモンドホースシューで公演中のキャラダイ「ミッキー&カンパニー」で提供されている無限おかわり自由のパンが突如として変更となる。

これまでホースパンとコーンブリッツの2種類であったが、ホースパン(馬の蹄の形のパン)がなくなってしまったことに混乱を極める。

 

③ファンダフルのベリーミニークッション、一瞬にしてお品切れ。

2020/2/8に再販予定(1人1個制限)

 

 

1/13(祝月)

ショーベースにて浦安市民の成人式が行われる。

毎年恒例の行事でありながら、各民法メディアにて大きく取り上げられる。

キャラクターの衣装はワンマン(スパンコール)、TDR30thの時の金コス(グーフィーも金コス)。

 

 

1/14(火)

①ランドホテル、アンバサダーホテル、ミラコスタの宿泊者だけが購入できる限定グッズがリニューアル。

これまでのペアぬい(¥10,000-)から、ぬいぐるみバッジ付きトートバッグ(¥10,000-)へ。

 

NHKニュースより集団食中毒

JR新浦安駅最寄りの「東京ベイ東急ホテル」にて、レストラン利用客20人からノロウィルスが検出。2020/1/14から3日間のレストランの営業停止命令が出る。

(2020/1/3のランチ利用客)罹患者は入院せず、全員快方に向かっているとされている。レストランの調理・配膳担当従業員3人からもノロウィルスが検出される。

 

③オフィシャルホテル『東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート』が、2020/4/2913時をもって営業終了。

名称:グランドニッコー東京ベイ 舞浜へ。

運営:オークラ ニッコー ホテルマネジメントへ。

 

TDS春のイースターイベント「うさピヨ」、ダッフィーイベントのプレスリリース。

 

 

1/15(水)

2020/1/21(火)より、年パス購入オンライン販売開始!

・クレジットカード決済

・顔写真をオンライン上で登録が可能に

・受け取りはランドのイーストゲート・レセプションorイクスピアリのチケットセンター

・オンラインで申し込んだ際のスマホ、もしくはプリントアウトした用紙を持参

 

①写真と身分証明書をアップロードし、約10日後にメールがきてからクレジットカード決済。

②年度末に向けてこの時期に年間パスポートの料金改定が行われるため、「安いうちに更新しておこう」というゲストが多い。

料金改定の布石か、、?

 

1/16(木)

イツベリ(ショーベース)、初回のみ自由席、2回目以降の自由席廃止(お試し)運用へ。

▷▶︎▷▶︎結果▷▶︎▷▶︎

1/17(金)より初回の1部のみ自由席、2回目以降は全て指定席(抽選のみ)となる。

※公式サイトにて発表

 

 

 

1/21(火)

アンバサダーホテルにてキングダムハーツのコラボレーションによるグッズが突如販売開始。

個数制限(1人3個)あり。

王様ミッキーぬい、シャドウぬい、折り畳み傘、キーブレード型のキーホルダーやポーチなど。

宿泊者以外でも購入可能との情報だけど、個数制限してもチケット認証がある訳ではないので並び直せば何個でも買えてしまう状況。

なお、王様ミッキーぬいはSNSで拡散されたためか即日で完売。

 

 

1/24(金)

①海のタートルトークが2/6(木)よりFP対応アトラクションへ!(公式アカウントより発表)

FP取得方法は公式アプリ、もしくは現地キャストに「話しかけてね」とのこと。

 

 

②コロナウィルスの影響を受け、上海ディズニーランドを1/25より閉鎖することを発表。

再開時期については未だ未発表。

香港ディズニーランドではフェイスキャラクターによるグリーティングを中止すると発表。

 

1/25(土)

香港ディズニーランドも1/26から閉鎖を発表。

同じく再開時期未定のまま。

 

 

1/27(月)

東京ディズニーランドにて、コロナウィルスの影響を受けてリゾートで働くキャストへマスクの着用が許可される→1/28から開始。

接客業のマスク着用について是非が論争されるなか、OLCの英断に拍手。

 

1/30(木)

①ワンデーパス、年パスなどの料金改定(主に値上げ)と、障がいを持つゲスト向けパスポートの新設が発表!

(小人料金のみ据え置き)

4/1より新料金。

※年パスは3/31までに引換券を購入しておけば5/31までは91,000円/62,000円で作成可能、4/1から99,000円/68,8000円へ。

 

②2020/2/21金曜ロードショーにて、リメンバーミーが地上波初放送、決定!

2/28,3/13にはトイ・ストーリートイ・ストーリー2が放送決定。

※2020/3/13より「2分の1の魔法」の公開記念として。

 

1/31(金)

ランド、シーの両パークにて、ゲストとキャラクターが直接触れ合う演出を一部取りやめる対応を決定。

(主にプリンセスやプリンス等のフェイスグリ)ウィルスがキャラクターを介してゲストへ感染する事がないように、との配慮。

NHKニュースより。

www3.nhk.or.jp

 

 

以上、1月の出来事まとめでした!

抜けてる部分もあるかと思いますので、ご指摘などありましたらこっそり教えてください|ω・*)

 

【2020年最新版!Dオタ用語の自由研究】あかさたな順で羅列してみた

 

f:id:psyche8137143:20200121232304j:plain

 

One's Shot管理人、きっしーです(*´∇`*)

 

 

今回のブログでは、

Dヲタ用語(D)isneyが大好きな(ヲタ)クたちの暗号ともいうべき(用語)を、あかさたな順で紹介していく人気シリーズの、2020年版をご紹介していきたいと思います。

 

年パス1年目の頃はFacebookTwitter等、SNSで飛び交う古(いにしえ)のヲタクたちが使いこなす専門用語に四苦八苦、疑問符の数々を目に浮かべていました。。...( = =) 

 

ということで今回はSNSで見かけるDオタ用語を(勝手に)まとめたいと思います⸜(* ॑ ॑* )⸝

(毎シーズンごとに新用語が追加されて(作られて?)いきますのでご容赦ください)

 

 

 

初めにお断りしておきますが、

『知っているからと言ってドヤったりするものではない』

ということだけ前置きしておきます。

(この用語の使い方は間違いでは?と感じた方、TwitterのDM解放してますのでこっそり教えてください←)

 

あ行

アーリー

ランホ、ミラコ、アンバ、セレブレーションホテルの宿泊者が利用できる「ハッピー15エントリー」の別称。

ホテルアーリーと15分アーリーは同義。

5分アーリーは一般ゲストの開園時間が5分早まることを指す。

 

アウト

パークアウト(パークを出ること)。

⇨関連:イン

 

アウト側(あうとがわ)

ランドのパレードルートを進行方向に向かって右側、シンデレラ城側を内側とすると外側を指す。

パーク内での待ち合わせに覚えておくと便利。

⇨関連:イン側

 

赤ドットちゃん

ランドのエントランスでグリーティングしているミニーちゃんのデフォルト赤ワンピースのコスチュームを指す。

人によって「エントちゃん」「水玉ちゃん」とも呼ぶ。

⇨関連:紫ドットちゃん、ロマンスちゃん、ベリーちゃん、他

 

アクターオタ(アクター)

ダンサーではなく、ショーの進行役やセリフ・歌もこなす出演者、またはファン。

2.5次元等のミュージカルブームもあり、OLC側も「手下」や「海賊」等のアクターによるアトモスやグリに力を入れてきている。

 

アトモス

アトモスフィアショーの略。

公演時間が告知されていないファンカストによるパフォーマンスから、グリーティングを指す場合もある。

→関連:手下

 

アメフロ(あめふろ)

ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントの略称。ケープコッドまで含めてアメフロ。

「〜くん」はミッキー、「〜ちゃん」はミニーのエリア限定コスチュームを指す。

 

雨バ(あめば)

屋外ショーやパレードが降雨によって短縮された簡易グリーティングや通過型パレードに切り替わること。⇨関連:風バ、熱バ(ヒートバ)

 

雨キャン(あめきゃん)

雨バによる簡易グリーティング、通過でのパレード開催も困難なほどの降雨による公演キャンセルのこと。⇨関連:風キャン、熱キャン(ヒートキャン)

 

アラビ

TDSのアラビアンコーストの略称。

「〜ちゃん」はデイジーのエリア限定コスチュームを指す。(メロンの果肉のような色合いから「メロンちゃん」と呼ばれていたことも。)

 

アナ雪(またはアナ雪エリア)

2022年開業を目指すTDSの第8テーマポートの一部。

ピーターパン(ピクシーホロウ)、ラプンツェルの3作品が一つのエリアに。

第8テーマポートの正式名称は未発表。→「ファンタジースプリングス」に決定(2019/5/21)。

 

アンバ

「アンバサダーホテル」の略称。

⇨関連:アンバス

 

アンバス

アンバサダーホテル宿泊者・施設利用者向けのランド、シー往復シャトルバスの通称。正式名称は「ディズニー・リゾート・クルーザー」。「アンババス」や「ミッキーバス」とも呼ばれる。3ヶ国語で案内する名物キャスト(運転手)等も存在する。

 

イースター

近年で春に毎年行われているイベントの総称。

2020年はシーのみでイースターイベント開催(ランドは新エリアオープンによりイースターイベントなし)。

⇨関連:ファッショナブル、ナブル、ファッショイ、ヒピ、うさたま、etc...

 

1番(いちばん)ドック

メディテレーニアンハーバーのポジ名。現在のザンビステージ付近のこと。

⇨関連:2番、3番ドック、3.5番、4番ドック、5番ドック、0番(お見送り)

 

イツクリ

2018年からスタートしたシーのクリスマスハーバーショー、「イッツ・クリスマスタイム!」の略称。

ミキ広、ザンビ、リドアイルの3カ所は抽選制。3.5番は11月がファミリーエリア、12月が一般エリアとして変動するなどかなり試行錯誤が繰り返された。

2018年はTDR35周年を祝う「ハピエスト・セレブレーション・オン・ザ・シー」が公演されていた関係で、同ショーの公演は1日2回と少なかったが、2019年は1日3回公演に。

 

イツミニ(イツベリ)

2020年1月〜3月に開催されたスペシャルイベントのステージショー「イッツ・ベリー・ミニー」の略称。(公演場所:ショーベース

人によってイツベリかイツミニか略し方はそれぞれ。

なお、イベントの名称は「ベリー・ベリー・ミニー」でありパレードルートでのパレードは「ベリー・ミニー・リミックス」なのでややこしい。

⇨関連:ベリミニ

 

井戸

ランドのファンタジーランド(厳密にはダイヤモンドホースシューの向かい)にある「白雪姫の井戸」を指すが、トゥーンタウンにもミニーマウスの家に井戸はある。単体の場合のほとんどが白雪姫の井戸を指して使われることが多い。

 

イライアス(ホテル)

ファンタジーランドのトルバドールタバン(アイス屋さん)の横にあるホテルを模した建物。カンベアの向かいに位置する。

「イライアス」は、ウォルトディズニーの実父の名前から。ハロウィーンのパレード、ポップンライブのミキポジ。

 

イン

インパーク(パーク内に入ること)。

⇨関連:アウト

 

イン側(いんがわ)

ランドのパレードルートを進行方向に向かって左側、シンデレラ城側を指す。

パーク内での待ち合わせに覚えておくと便利。

⇨関連:アウト側

 

インディ

ディズニーシーの「インディ・ジョーンズ・アドベンチャークリスタルスカルの魔宮」の略称。

フェイスキャラクターとしてインディ・ジョーンズ博士が現れることも。

 

ウィリー

ミートミッキーで会える4つの撮影シーンのうちの1つ。「〜くん」。「蒸気船ウィリー」の略称。

⇨関連:大演(だいえん)、弟子(でし)、夢(ゆめ)

 

 

ヴィラドナ

TDSメディテレーニアンハーバー沿いにあるグッズショップ「ヴィラ・ドナルド」の略称。

3.5番に近いことからポジの名称やDオタ同士の待ち合わせに使われることも。

 

 

エスタン

ランドのウエスタンランドの略称。

⇨関連:1st(ファースト)

 

ウォルト像

ランドのワールドバザールを抜けた広場にある「ウォルト・ディズニー像」。アニメーションサイズのミッキーと手を繋ぎ、なにかお話をしている。

⇨関連:ロイ像

 

 

うさたま

2017年、2019年の春に行われるイースターイベント、「うさたま大脱走」に登場するオリジナルキャラクター。

タマゴに手足とウサギの耳が生えてる。(!)

 

うさピヨ

2019年・2020年に開催されるシーのイースターイベント「Tip-Topイースター」に登場するディズニーシーオリジナルキャラクター。

ヒヨコにウサギの耳が生えている(!)

 

 

海(うみ)

東京ディズニーシーのこと。

⇨関連:陸。

 

運動公園

TDSとアンバサダーホテルの間にある公園。

TDRとは無関係だが、ディズニーシーを開園ダッシュする無法者ゲストはここへ強制送還される。

 

Aシフ(えーしふ)

BB、ワンマン等のレギュラーショーほとんど全てに共通する、いわゆる出演者のシフトのお話。

→関連:Bシフ

 

Aマリ(えーまり)

ディズニーシーで365日毎日行われている「マリタイムバンド」の、いわゆる出演者のシフトのお話。

→関連:Bマリ

 

SR(えすあーる)

TDSの旧アトラクション、ストームライダーの略称。

→現在はニモ&フレンズ・シーライダー

 

燕尾くん(えんびくん)

ランドのエントランスでグリーティングしていミッキーのデフォルト燕尾服のコスチュームを指す。

ミートミッキーの夢物語や、クラブ33のグリーティング、また旧スーパードゥーパー・ジャンピンタイムでも同コスチュームであるが、多くの場合はエントランスのミッキーを指す。

使い分ける意味は特にないが、会話の流れがスムーズになる。

 

エント

ランドのエントランスの通称。

シーのエントランスは「プラザ」と呼ばれ、使い分けがされている。

 

 

FTW(えふてぃーだぶる)

ディズニー婚、ディズニー挙式である「Fairly Tale Wedding」の略称。

海外ディズニーやディズニークルーズ等でも同名称。

TDRの場合はアンバ、ミラコ、ランドホテル。第8テーマポートと同時開業の新ホテルでは未定(?)。 

 

 

王様・万歳(おうさま・ばんざい)

2019年夏のナイト・キャッスルショー、「オー!サマー・バンザイ」の略語。

「オー!サマー」=王様

「バンザイ」=万歳

人によって呼び名は異なる。

 

オール

ビッグバンドビートの演目曲「All of me」の略称。ショー終盤にシンガーがランダムで歌う中の1曲。

⇨関連:You(ユー)

 

奥地

シーのロストリバーデルタを指す。

舞浜駅から「もっとも遠い場所」という説が有力。

⇨関連:ロスト

 

オチェ

ミラコスタのレストラン「オチェーアノ」の略称。

ハーバーショーの時間帯は外のテラスに出て鑑賞することも可能。

プライオリティーシーティング(要予約制)対象。

 

 

親子

グーフィーとその息子マックスのペア名。

⇨関連:グマク、グ

 

 

か行

海賊

2017年、2018年、2019年の夏にシーで開催されたパイレーツイベントの出演者。

「〜グリ」はアトモスフィアショーのこと。

※追記:2020年も開催が決定。

 

海底

マーメイドラグーンの通称。

「〜グリ」。

 

 

カイト

ハーバーショーで使われる凧。

TDS5周年記念ソングの「Sea of dreams」でも歌詞として登場する。

 

 

カイトポジ

カイトが舞う瞬間を目の当たりにすることができる場所。

リドアイルの奥にある。

 

課金

ワンデーパスや年間パスポート以外のキャラダイ、キャラブレ、スペフォ等々にお金をかけてパークを楽しむこと。

使われる用途は多種多様。

類:ワンデー課金

 

課金グリ

課金によってキャラクターに会うこと。

シェフミ、ホライズン、ミキカン、バケパ等。

 

カスト

パークの清掃を始め、様々なゲストの要望に応え、案内もできちゃうカストーディアル・キャストの略称。

パークキャストを目指す人の中でも、特に人気がある。

⇨関連:ファンカスト

 

 

風間くん

某J事務所所属のタレントでありながら、TDRの年間パスポート25年以上継続する我らDヲタ界のヒーロー。

2018年に某番組でのプレゼンからその名を日本全土に知らしめる。

⇨関連:勝手に嫌いになっているのはそっちの落ち度だぞ

 

風キャン

強風によるショー・パレード等のキャンセル。

 

風バ

強風によるショー・パレード等の内容一部変更。グリーティングだけで終わったり、パレードの停止が通過に変更される、または演出の一部が簡易的になることも含まれる。

 

勝手に嫌いになっているのはそっちの落ち度だぞ

某番組で飛び出した風間くんの名言。

ディズニーに限らず多ジャンルに汎用性があるものの、気軽に使えるワードではない。

風間氏によるイントネーションと流し目で発することが最大の説得力を生む。

 

 

カチューシャ

ショー・パレードの際に目の前のゲストに外してもらいたいもの。

 

カッパ(カッパくん、カッパちゃん)

ランドのエントランスでグリーティングするミッキー、ミニーのレインコートコスチュームのこと。

雨天や雨上がりで突発的に切り替わる。

滅多に見られないがドナルドやグーフィーにもレインコートコスチュームは存在するものの、ゲストとグリーティングすることはほとんどない。

カッパを着たデイジーだけはトゥーンタウンで会うことが出来る。(同様に雨天の場合のみ)

 

 

華舞(かぶ)

2016年の夏にランドで行われた「彩涼華舞(さいりょうかぶ)」の略称。

 

 

カメキャス

カメラマンキャストの略称。

グリーティング施設やパーク内のフォトスポット、各ホテルのブライダルカメラマンを指す場合も。

 

ラク

2012年からスタートしたディズニーシーの夜のハーバーショー、「カラー・オブ・クリスマス」の略称。

ラクリが20:00から公演する関係で、レギュラーショーのファンタズミックは17:30からの公演に前倒しされる。

 

 

カンベア

カントリーベアシアターの略称。

 

 

キャプさん

(主にグリ施設で)ゲストとキャラクターのグリーティングを手助けしてくれる頼れるキャプテン。

(キャラキャプ等の別称もあるらしい)

 

キャラダイ

キャラクターダイニングの略称。シェフミ、ホライズンを主に指す。

 

 

キャラブレ

キャラクターダイニングの「ブレックファスト(朝食)」。

主にランドのクリスタルパレスのプーさんグリーティングを指す。

※2019年7月8日をもってキャラクターの出演は終了。

 

金コス

TDR30周年の限定コスチューム。

グーフィーのみ金色のコスチュームとパレード「ハピネスイズヒア」版の2種類ある。

 

グリ施設

ミトミ、トレイル等のキャラクターグリーティング施設の略称。

 

クリオネ

ファンタズミック!に登場する最後の白い魔法使いの弟子、ミッキーのコスチューム通称。

「〜くん」

 

クリスト

2015年からスタートしたランドのパレード、「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」の略称。

絵本の世界をディズニーの仲間たちが旅をする。

※追記:2020年クリスマスまで公演決定。

 

クリパレ

ランドのクリスタルパレスレストランの略称。

プライオリティーシーティング(要予約制)対象。

 

 

グーフィーの略称。

 

グポジ

グーフィーポジの略称。

 

グマク

グーフィーとその息子マックスのペア名。

⇨関連:親子

 

グロウ

ナイトフォール・グロウの略称。

エレクトリカルパレードが降雨により公演キャンセルとなった時だけ臨時で公演される雨バージョンのイヴニングパレード(Eパレ)。

トゥーンタウンからスタートする。

雨が強すぎる場合はグロウも公演キャンセルとなる。パレードは全て立ち見。

 

 

黒タキ

BBBで登場するミッキーのドラム演奏時のコスチュームを指す。

「黒タキシード」の略ではあるが、実際に着ているのは燕尾服である。

⇨白タキ、テール払い

 

 

群舞(ぐんぶ)

ランド⇨2014年、2015年の夏のランドで開催された「雅涼群舞(がりょうぐんぶ)」の略称。

シー⇨ビッグバンドビートでの終盤、ミッキーがダンサーを引き連れステージ中央で踊る一幕。

 

 

ケープ

シーのケープコッドの略称。

「〜ちゃん」⇨デイジーを指すことが多いが、ミニーもケープコッドでグリーティングをしていた際のエリア限定コスチューム。

現在は海底(マーメイドラグーン)でデイジーがグリーティングしている。

 

ゲスアシ

ゲストアシスタンスカードの略称。

現在は「ディスアビリティ アクセスサービス」ならびに「合流利用サービス」へ変更。

(詳しくは公式サイトへ←)

 

ゲスコメ

ゲストコメントシートの略称。

両パーク内にある総合サービス施設にて受け取れる、ゲストからの「要望シート」のこと。

多くは「クレーム」に利用されることが大半と聞くものの、もちろん「良かったこと」を書くこともOK。

以前はパークからお返事が来ていたが、現在は自身で郵便切手を貼り郵送・返信なしという対応に。理由は不明。

 

 

ゲスコン

ゲストコントロール・キャストの略称。

パレードルートやショーを行うシアターへとゲストを誘導する案内人。

顔見知りのゲスコンさんが突然ランドからシーへ異動したりすることもあるので頑張っているキャストさんを眺めてるだけでもとても楽しい。

 

ゲスリレ

ディズニーシーのエントランスにあるゲストリレーションの略称。

 

 

ゲッダン

ダンサー、キャラクターのダンスの決めポーズの一つ。正式には「Get Down」の略。

特にBBBで見せる黒タキミッキーのゲッダンで数多のミキオタがBMTに墓を建ててきた。

※「ゲッタン」ではない。

⇨関連:撫で上げ、テール払い

 

5番(ごばん)ドック

メディテレーニアンハーバーのポジ名。ガリオン船付近で、レジェンド・オブ・ミシカの公演中は耳の聞こえないゲストのために手話で内容を伝えていた。

⇨関連:1番ドック、2番、3番ドック、3.5番、4番ドック、0番(お見送り)

 

鼓舞(こぶ)

2012年、2013年に夏のランドで開催されたキャッスルショー、「爽涼鼓舞(そうりょうこぶ)」の略称。

 

ゴンドラ

メディテレーニアンハーバーのアトラクション、「ヴェネツィアン・ゴンドラ」の略称。FTWの挙式を終えた花嫁と花婿が使用するプランを指すことも。

 

ゴンドリエ

シーのヴェネツィアン・ゴンドラを操舵するキャストさんのこと。

イタリア流の自己紹介がとても面白い。

 

さ行

3rd(さーど)

パレードルートのトゥモローランドからトゥーンタウンにかけてのエリア。

3停止目なので3rdと呼ばれる。

 

サルア

シーのグリ施設、サルードスアミーゴスの略称。古くはミッキーがグリーティングしていたが、ドナルドに代わり、現在はダッフィーがグリーティングしている。

 

サンタ村(さんたむら)

ランドのクリスマスに公演されていた「ディズニー・サンタヴィレッジ・パレード」の通称。

2011年から4年間公演された。

 

3.5番(さんてんごばん)

メディテレーニアンハーバーのポジ名。

ミキ広とリドアイルを結ぶ通路全体、もしくはヴェラノッテ号付近に簡易ステージ(お立ち台)が設置される。

⇨関連:1番ドック、2番、3番ドック、4番ドック、5番ドック、0番(お見送り)

 

三騎士(さんきし)

「三人の騎士」に登場するドナルド、ホセ、パンチートの3人組トリオの通称。

→関連:ホセパン

 

三馬鹿(さんバカ)

ミッキー、ドナルド、グーフィーの3人組トリオの通称。

正直なところなぜ三馬鹿なのかは不明だけど、「ミッキーのお化け退治」等の3人組で出演するアニメーション作品はとても面白いし味があるので大好きです。

 

3番(さんばん)ドック

メディテレーニアンハーバーのポジ名。ミキ広のこと。

⇨関連:1番ドック、2番、3.5番、4番ドック、5番ドック、0番(お見送り)

 

ザンビ

シーのザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの略称。ハーバーショーでは「〜前」でステージのことを指す。

 

C様(しーさま)

ビッグバンドビートを始め、TDRのレギュラーショーやバレンタインナイト、D23等、数多くのショーに出演する人気男性シンガーの通称。

多くの女性ファンが彼の「You」を求めてA、Cブロックの最前列に並ぶ。

 

 

C3PO(しーすりーぴーおー)

映画スターウォーズに登場するキャラクターですが、ランドでは「スターツアーズ」、シーではロストリバーデルタに不時着したインディージョーンズ博士の飛行機を指す。

 

ジップン

2018/3/31をもって公演終了となったランドのアトモスフィアショー、ジップンズームガイドツアーの略称。

MCのヒトコトさん、パフォーマーダイドーくん、バイオリニストのオトワさんの3人組。

 

助手

ポートディスカバリーで会えるチップ&デールのエリア限定コスチューム。

見たらわかる←

⇨関連:博士

 

 

集約(しゅうやく)

人気のグッズが1店舗に集められること。

⇨関連:メルカリ集約

 

シェフミ

アンバサダーホテルのキャラクターダイニング「シェフミッキー」の略称。「シェフ」単体でも通じる。

プライオリティーシーティング(要予約制)対象。

 

シルク

ミラコスタの「シルクロードガーデン」の略称。

 

白タキ

BBBで登場するミッキーのドラム演奏時のコスチュームを指す。

「白タキシード」の略ではあるが、実際に着ているのは白の燕尾服である。

⇨黒タキ、テール払い

 

シロフォン

ミキカンで登場するミッキーが演奏する楽器。ミッキーのアドリブアレンジが多彩。

 

シンド(シン度)

シンドバッド・ストーリーブックヴォヤッジの略称。シーの混雑度合いの指標とするDオタもいる。

某ラインスタンプにも登場している。

 

新聞配達(しんぶんはいたつ)くん

アメフロで会えるチップ&デールのエリア限定コスチューム。

見たらわかる←

 

スキッパー

ランドの「ジャングルクルーズ」でゲストをジャングルの中へと案内する船長さんのこと。

同アトラク前にある「スキッパーズ・ギャレー」は、元船長が開いたというストーリーも。

 

スチパン

ファッショナブルイースターのファッションアーティストが掲げるテーマの一つ。

ミステリアスアイランドで15年引きこもった男、ヒューゴー・ヴェルジュールのファッションテーマ、「スチームパンク」の略称。

⇨関連:ファッショナブル、マジリア

 

スノウ

白雪姫の英名「スノウ・ホワイト」の略称。

 

スパイス

シーで2017年3月まで公演されていたテーブルイズウェイティングに登場するデイジーのコスチュームテーマ。

「〜ちゃん」。

 

スフィア

ディズニーシーのシンボルの一つ「アクアスフィア」の略称。略さずに使う人も。

 

スペフォ

スペシャルフォトの略称。

ランドの「カメラセンター」、シーの「フォトグラフィカ」でオーダーした自身の写真の枚数に応じてついてくるキャラクターの写真。1シーズン11種類×2パーク。

 

スペプラ

スペシャルプライス、の略。

シーズン物や販売終了間際のグッズが30%〜50%オフにディスカウントされる。

 

ズミ(ズミック)

ファンタズミック!の略称。2020/3/25に公演終了。

⇨関連:クリオネくん

 

ズン

ホライズンベイ・レストランの略称。

 

2nd(せかんど)

パレードルートのキャッスルフォアコートエリア。2停止目なので2ndと呼ばれる。

 

0番(ぜろばん)・お見送り

メディテレーニアンハーバーのポジ名。ザンビ横の坂からプロメテウス火山に渡るアクアダクトブリッジのこと。

⇨関連:1番ドック、2番、3番ドック、3.5番、4番ドック、5番ドック

 

ソフィス

旧ビッグバンドビートの、出演者に何らかのトラブル・欠員によって演奏された代曲、「ソフィスティケイテッド・レディー」の略。

現行バージョンから演奏されたという噂は聞かない。

 

ソンミラ

ハンガーステージの新しいステージショー、「ソング・オブ・ミラージュ」の略語。

 

 

た行

大演(だいえん)

ミートミッキーで会える4つの撮影シーンのうちの1つ。「〜くん」。「ミッキーの大演奏会」の略称。

⇨関連:ウィリー、弟子(でし)、夢(ゆめ)

 

ダイヤ(ダイア)

ダイヤモンドホースシューの略称。昼は「ラウンドアップ」、夜は「ミッキー&カンパニー」を公演している。どちらもネット予約(PS)が必要な人気のキャラクターショー。

⇨関連:ミキカン

 

ダンオタ

ショー出演者の「ダンサーさん」に熱を上げるオタク。

→関連:アクターオタ、中オタ(なかおた)

 

チーク

BBBで演奏される曲目、「Cheek to Cheek」の略。ミニーの早着替えではバラード、ミキミニペアで踊るシーンはアップテンポで演奏され、とっても可愛い

 

チーデー・チデ

チップ&デールの略称。使う人によって言いやすい方で。

 

チームアーリー

ホテルアーリーチケットをあの手この手で入手し(場合によっては不正に入手・販売するケースもある)、ハーバーショーやパレードの最前列を確保する悪徳集団。

挙げればキリがないが、雅涼群舞の初年度は鑑賞席が入れ替え制ではなかったために最前列50席近くをたった数人で確保したり(この時はほとんどダンオタ)、ハーバーのミキ広とリド等の最前列を1人で2ポジ最前列を確保する輩や、アトラクションのファストパスを何枚もGETしては売りさばく者もいる。

正直言って一括りにはできない。平日、土日に限らず何チームも存在すると言う話も聞くし、アーリーでインパークする人たち全員が悪徳という訳ではない

 

ツイステ

ツイステッド・ワンダーランドの略称。

2019年冬に配信開始予定のアプリ。ディズニー・ヴィランズにインスパイアされた(もうほとんど手下みたいなもん)キャラクターが登場する学園モノアドベンチャー

原案・シナリオ構成・イラストは、ディズニー以外で数々の作品を生み出し注目の「枢やな*」先生。(*トボソ ヤナ)

2019年の冬から配信開始という事でDハロ2019の"仮装対象作品一覧"からは除外(※Dハロ特設サイトの開設初日にはなぜか対象作品だったが、翌日に消されてしまった)。

 

 

DSS(でぃーえすえす)

ディズニーシーのドックサイドステージの略。

 

D1(でぃーわん)

ディズパッチ1(ワン)の略称。

基本的にほとんどのパレードはホーンテッドマンション横の「D1」からスタートすることが多い。

元はキャストさんの使う用語でもあったため掲載を迷ったが、今回の紹介する基準は「SNSで多く使われてる用語」なのでご容赦願いたい。

⇨関連:D2

 

D2(でぃーつー)

ディスパッチ2(ツー)の略称。

トゥーンタウンへとパレードが帰っていく場所。こちらも派生はキャスト用語。

2018年のお正月グリーティングや、同年秋のスプーキー"Boo!"パレードはトゥーンタウンからスタートする「逆走バージョン」も。

順走、逆走関係なくD1、D2と呼び方は同じ。

あんまり興味無いけど中には細かく分類して「ダンオタ用語だ!」と言う人も。

⇨関連:D1

 

ディレクター(ディレ)

ディズニーシーのプラザで会えるミッキーのコスチュームを指す。元はクルーズディレクターの略称。

⇨関連:ロマンス、ファッション、ミースマ

 

弟子

ミートミッキーで会える4つの撮影シーンのうちの1つ。「〜くん」。「魔法使いの弟子」の略称。

⇨関連:ウィリー、大演(だいえん)、夢(ゆめ)

 

 

手下(てした)・手下グリ

シーのザ・ヴィランズ・ワールドを開催中に人気を博したアトモスフィアショー、グリーティング。

2015年の初年度のみ、旧「セイリングデイビュッフェ」でグリーティングが行われていた。

プライオリティシーティングの転売問題や、当日枠の入店待ちが朝から600分待ちとなるなど、数々の話題とともに翌年からはアトモスフィアショーのみに切り替わった。

 

テディ

シーの「テディ・ルーズベルトラウンジ」の略称。

SSコロンビア号の2階にあるラウンジ。

季節のパフェ等が人気。

 

テール払い

主にBBBでのミッキーが行う所作の一つ。

キレッキレのダンス中に燕尾(テール)部分を勢いよく払う仕草で数多のミキオタがBMTに墓を建ててきた。

⇨関連:ゲッダン、撫で上げ

 

トイマニ

シーの「トイストーリーマニア!」の略称。

 

トゥモロー

ランドの「トゥモローランド」の略称。

 

 

トゥモテラ

ランドの「トゥモローランド・テラス」の略称。

 

 

ドライブ

ディズニーシーのアメフロで行われていた「グリーティングドライブ」の略称。

ステラルーのデビューやディズニーシー15周年コスチュームでも公演。

 

トレミキ

シーのグリーティングトレイル・ミッキーの略称。

トレミニ

シーのグリーティングトレイル・ミニーの略称。

トレグ

シーのグリーティングトレイル・グーフィーの略称。 

 

トロスプ

2013年から4年間続いた夏のずぶ濡れショー、「ミニーのトロピカルスプラッシュ!」の略。

⇨関連:バナナ

 

とんバニ

ディズニー映画「バンビ」に登場するウサギのキャラクター、とんすけ(サンパー)とミスバニーのペアの略称。

サンパーの和名がとんすけ。「サンバニ」とは何故か呼ばれない。

 

な行

ナイト

BBBで演奏される曲目の一つ、「ナイト&デイ」。

男ダンサーを左から「ナイト1、ナイト2〜」と呼ぶことも。

リニューアル前は「ブルース・イン・ザ・ナイト(ブルース)」。

 

 

中オタ(なかおた)

キャラクターの中(なか)の人を勝手に判別・評価する人々。

オタクというよりも、ショー自体には興味をもたず「中の人を判別ができる自分自身」に悦を感じるタイプが多い。

→関連:神ッキー(かみっきー)

 

撫で上げ

髪の毛を撫で上げる仕草のこと。

ミッキーやグーフィーがやるとカッコイイが、ドナルドやチップ&デールがやると可愛らしい。笑

⇨関連:ゲッダン、テール払い

 

2番(にばん)

メディテレーニアンハーバーのポジ名。中央救護室前からバケパ席付近のこと。

⇨関連:1番ドック、3番ドック、3.5番、4番ドック、5番ドック、0番(お見送り)

 

虹ルアウ(にじるあう)

ランドのポリネシアンレストランで公演される夜のキャラショー、「レインボールアウ」の略。昼公演の「リロのルアウ&ファン」は「昼ルアウ」と略されることも。

プライオリティーシーティング(要予約制)対象。

 

熱バ(ねつば)

屋外ショーやパレードが高気温よって短縮され簡易グリーティングや通過型パレードに切り替わること。⇨同義:ヒートバ、関連:風バ、雨バ

 

熱キャン(ねつきゃん)

熱バによる簡易グリーティング、通過でのパレード開催も困難なほどの高気温による公演キャンセルのこと。⇨同義:ヒートキャン、関連:風キャン、雨キャン

 

 

年パスを塩で清める

2020年1月から始まった期間限定の「イッツ・ベリー・ミニー」の抽選など、激戦を極める抽選席を当てるため、あるDヲタが「年パスを塩で清めたら当たった!」というジンクスが瞬く間に拡散される。

(なお、筆者は未遂)

 

は行

パーティー

ランドホテルで開催することができる個人貸切のホテルパーティー。ミッキー、ミニー、ドナルドを呼んでお祝いするプランもある。

⇨関連:ランホミッキー、ランホミニー、ランホドナ

 

ハーバー

ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーの略称。

 

ハイピ

アンバサダーホテルのハイピリオンラウンジの略称。

 

バイバイ

ビッグバンドビートの演目曲、「バイバイ・ブラックバード」の略。

女性シンガー、男性シンガーのソロ、もしくはデュオで歌われることも(あるらしい)。

 

博士

ポートディスカバリーで会えるグーフィーのエリア限定コスチューム。見たらわかる←

 

バケパ

バケーションパッケージの略称。

 

バケパグリ

バケーションパッケージにキャラクターとグリーティングできるプランの一つ。

ビッグバンドビート、周年衣装、ニューイヤー(お正月)、ロミジュリ等がある。

 

バザール

ディズニーランドのワールドバザールの略称。

 

バナナ

ミニーのトロピカルスプラッシュ!で振り付けに使われていた掛け声。

まるで洪水のような放水でずぶ濡れになりながら宗教かのごとく踊り狂うDオタ究極芸。

⇨関連:トロスプ

 

ハピ

TDR開業30周年を祝う「ハピネス・イズ・ヒア」のパレードを主に指す。

⇨関連:金コス

 

ハピサプ

ハピエスト・サプライズの略称。TDR35周年を記念して、1年間で35万人(1日あたり約1000人)を対象にTDRのキャストから何かしらのサプライズが貰える。

ぬいぐるみやファストパス、最初の方はポップコーン食べ放題など。

なかにはミッキー&カンパニー鑑賞券(しかもS席!)や、ブルーバイユーでのお食事券なども。

※35周年イベントとともに終了。

→現在はマジカル・モーメントとも呼ばれる。

 

ハブ

ランドのキャッスルフォアコート周辺。

「車輪」を表す説と、「ハブ空港」のような他エリアとの中継地点の役割に近いという説など。 

 

 

パフェクリ

2015年から3年公演されていたシーのハーバーショー、「パーフェクト・クリスマス」の略称。

2018年からイッツ・クリスマスタイム!がスタート。

 

 

パレル

ディズニーランドのパレードルートを主に指す。(ディズニーシーでも簡易パレードはいくつか行われている。)

 

ハンベア

ランドのハングリーベア・レストランの略称。

最近ではパレードの立ち見最前がハンベア前付近まで下がることも。

 

BMT(びーえむてぃー)

ブロードウェイ・ミュージックシアターの略。

⇨関連:BBB

 

BTM(びーてぃーえむ)

ビッグサンダーマウンテンの略。

 

BGS(びーじーえす)

バック・グラウンド・ストーリーの略。

パークのエリアやアトラクションのキューラインなど、至る所に「誕生の物語」が散りばめられている。

過激派がいるので以下略()

 

Bシフ(びーしふ)

BB、ワンマン等のレギュラーショーほとんど全てに共通する、いわゆる出演者のシフトのお話。

→関連:Aシフ

 

BBB(びーびーびー)

ビッグバンドビートの略。BBとも。

⇨関連:BMT

 

Bマリ(びーまり)

ディズニーシーで365日毎日行われている「マリタイムバンド」の、いわゆる出演者のシフトのお話。

→関連:Aマリ

 

ビッグ8(びっぐえいと)

ミッキー、ミニー、プルート、ドナルド、デイジーグーフィー、チップ&デールの8人の(8キャラ)こと。

⇨関連:ビッグ5

 

ビッグ5(びっぐふぁいぶ)

ミッキー、ミニー、プルート、ドナルド、グーフィーの5人(5キャラ)のこと。

⇨関連:ビッグ8

 

 

光るミキ誕(ひかるみきたん)

ディズニー好きの有志による「マジカルライト」でミッキー・ミニーのデビュー日をお祝いしたい、という集まりから始まった(らしい)。

SNSで呼びかけ、大凡の場所でエレクトリカルパレードを地蔵して鑑賞したとされる11/18限定の行われたものの、パークの禁止ルール「集合・集会行為」にあたるのではないか?という非難(?)から翌年以降は個々人で密かに楽しまれている。

 

 

人キャン(ひときゃん)

アトモスフィアショーや突発のグリーティング等、ゲストが集りすぎて「安全が保たれない」場合に起こるキャンセル。

手下のアトモスショーやクリスマスのトゥーンタウングリーティング等が代表的。

 

ヒピ(ヒピホピ)

ランドの春イベパレード、ヒッピティ・ホッピティ・スプリングタイムの略称。

 

ピンクちゃん

トゥーンタウンで会えるエリア限定コスチュームのミニーマウス。

2015年の夏に期間限定で整列グリーティングを開催していた。

 

1st(ふぁーすと)

パレードルートのファンタジーランドからウェスタンランドのエリア。1停止目なので1stと呼ばれる。

 

ファッショナブル

ファッショナブルイースターの略称の一つ。

他に「ナブル」「ファッショイ」「FE(えふいー)」等がある。

正直多すぎてしんどい←

 

ファッション

ディズニーシーのプラザで会えるデイジーのコスチュームを指す。元はファッションディレクターの略称。「〜ちゃん」

⇨関連:ディレクター、ロマンス、ミースマ

 

ファンカスト

カストーディアルに扮したパフォーマー

 

ファンタジー

ディズニーランドのファンタジーランド略称。

 

ファンメンテナンス

ランドのメンテナンスを日夜行なうパフォーマー

 

フェスミス

TDSのハロウィンハーバーショー、フェスティバル・オブ・ミスティークの略称。

2019年スタート。

 

フォーB(ふぉーびー)

BBBの中盤で演奏される曲目、「Four Brothers」の略。

 

フォトファン(台紙)

グリ施設やフォトロケでの公式カメラマンによる写真撮影をすると、各エリアや各シーズンに合わせた台紙付きのキャラクターフォト。

2Lサイズで大体¥1,600-ほど。

⇒関連:フォトロケ

 

フォトロケ

 フォトロケーションの略。

⇨関連:フォトファン

 

ブルース

旧BBBで演奏される曲目の一つ、「ブルース・イン・ザ・ナイト」の略。

男ダンサーを左から「ブルース1、ブルース2〜」と呼ぶことも。

リニューアル後の曲目は「ナイト&デイ」。

 

 

プラザ

ランド⇨シンデレラ城周辺エリア。

シー⇨エントランスのエリア。

 

プレスリリース

東京ディズニーリゾート公式WEBサイトとは別の、オリエンタルランド社のWEBサイトに掲載されるプレス(報道機関)向けのPDFのこと。プレス向けとは言っても、閲覧は一般ゲストも可能。

(平日の朝10時か夕方4時に発表されることが多く、大手ツイッターアカウントさんらは毎日チェックしていち早くみんなに知らせてくれるぞ。)

 

ペアグリ

2キャラ以上のキャラグリ。

 

ペデ

ボンボヤッジからランドまで続く歩道橋。

ペデストリアンデッキの略。

 

ベリー(ベリーちゃん)

期間限定でスプラッシュマウンテンのリハブ中にだけ現れる「ベリー摘みのミニーマウス」の略称。

このエリア限定コスチューム。競争率が高すぎる理由と、ドナルドとデイジーのグリ施設「ウッドチャック」が登場してからはキャスト不足の理由からか近年は開催されていない。

⇨関連:赤ドットちゃん、ロマンスちゃん、紫ドットちゃん、他

 

ベリミニ

2020年1月〜3月に開催されたスペシャルイベントのパレード「ベリー・ミニー・リミックス」の略称。(公演場所:パレードルート)。

なお、イベントの名称は「ベリー・ベリー・ミニー」であり、ショーベースでのショーは「イッツ・ベリー・ミニー」なのでややこしい。

⇨関連:イツミニ(イツベリ)

 

ベッラ

ミラコスタのベッラヴィスタ・ラウンジの略称。

朝食は開園前のメディテレーニアンハーバーを一望することもできる。

プライオリティーシーティング(要予約制)対象。

 

ポインセチア

トゥーンタウンのクリスマス期間にだけ現れる特別コスチュームのクラリスを指す。

 

ホセパン

ホセ・キャリオカとパンチートの2人組ペアの略称。

→関連:三騎士(さんきし)

 

ポート

テーマポートを指すことも稀にあるが、「ポートディスカバリー」の略称として使われることが多い。 

 

ポンテヴェッキオ

リドアイルからプロメテウス火山方面へ渡る橋。イタリアの実在する有名な橋の名前から。 

 

ボン(ボンボ)

ボンボヤージュの略。

 

ま行

マーメ(マメラグ)

マーメイドラグーンの略称。

 

 

マジカル・モーメント

ビッグバンドビートや、夏のオーサマー!バンザイなど抽選の人気ショー鑑賞席(そのほとんどが最前列)などがキャストから渡されるチケット。

公式サイトにも掲載されておらず、貰った人はほとんど見かけられない。

なお、名称自体は最近できたように思えるがBBB最前列ドセンの鑑賞券についてはもっと前から「キャストさんからとつぜん声をかけられ手渡された」、という情報もある。

オーサマー!バンザイについては、高額なバケーションパッケージと同エリアということもあり賛否分かれている。

※類似→ハピサプ(ハピエスト・サプライズ)

 

 

マジリア

シーのハーバーショー、ファッショナブルイースターのファッションアーティストが掲げるテーマの一つ、ロストリバーデルタマジック・リアリズム」の略称。

2018年では、マックスから「マジックリアズムとは?」と聞かれたカルロッタ・マリポーサの名言『とても儚くて、だからこそ限りなく美しい。言ってみれば、春の夢、ね』は全てのナブルファンに深く刻み込まれたに違いない。

⇨関連:ファッショナブル、スチパン

 

ミースマ

ディズニーシーのプラザで会えるクラリスのコスチュームを指す。過去に公演していたミート&スマイルというショーの略称。 

⇨関連:ディレクター、ロマンス、ファッション

 

ミキカン

ダイヤモンドホースシューで夜に公演されるキャラクターショー、「ミッキー&カンパニー」の略称。

プライオリティーシーティング(要予約制)対象。

⇨関連:シロフォン

 

ミキ広

シーのミラコスタを抜けてすぐの広場。正式名称は「ピアッツァ・トッポリーノ」。

トッポリーのはミッキーのイタリア名、ピアッツァは広場。略してミキ広。

ハーバーショーのメインステージ。

 

ミキポジ

シーのミキ広をはじめ、ランドではウォルト像の周辺が多い。ミッキーが停止したり長時間滞在するポジション。一番人気なので激戦区。

 

ミッキーマウス

そのほとばしるキャラ愛を拗らせ(こじらせ)推しを呼び捨てにすることが出来なくなったオタクは皆、自身の推しをフルネームで呼ぶようになる。

但し、ミニーちゃんがミッキーをフルネームで呼ぶときは大抵ブチギレている時である。

 

 

ミニオ(ミニミニ)

ランドのシアターオーリンズで公演されていた「ミニー・オー!ミニー」の略称。

 

ミニポジ

ミニーが長時間滞在するポジション。シーではミキ広が多い。

 

ミトミ

トゥーンタウンの「ミッキーの家とミートミッキー」の略称。

⇨関連:ウィリー、弟子、夢、大演(だいえん)

 

大きな飾りのついたカチューシャのこと。

 

ミラコ

東京ディズニーシー・ホテル・ミラコスタの略。

 

ミラコ通り(みらこどおり)

シーのプラザからミキ広へと抜ける通路。正式名称は他にあるかも(?)。

 

ミラコパーティー

企業が開催するパーティーで、特別なコスチュームを着たキャラクターがグリーティングに来てくれる。

個人名義での主催は不可。

 

紫ドットちゃん(むらさきどっとちゃん)

シーのケープコッド・クックオフで公演中のマイフレンドダッフィーに登場する紫ワンピースのミニーちゃんのコスチュームを指す。

第1話と第3話のみ紫ワンピースであるが、第1話は上に白いエプロンを着ている。クソ可愛い。

⇨関連:赤ドットちゃん、ロマンスちゃん、ベリーちゃん、他。

 

メルカリ集約(めるかりしゅうやく)

一部の心無いゲストによって人気グッズが買い占められ、発売初日から定価以上の高額で出品される現象のこと。

マジで転売屋は○んでほしい

 

モ社(もしゃ)

ランドのアトラクション「モンスターズ・インク」の略称。

 

 

や行

You(ゆー)

BBBでの演目「All of me」で男性シンガーが客席の最前列に座るレディーへと送るファンサービスの一つ。

 

夢(ゆめ)

ミートミッキーで会える4つの撮影シーンのうちの1つ。「〜くん」、「ミッキーの夢物語」の略称。

⇨関連:ウィリー、大演(だいえん)、弟子(でし)

 

4番(よばん)ドック

メディテレーニアンハーバーのポジ名。リドアイルのこと。

⇨関連:1番ドック、2番、3番ドック、3.5番、5番ドック、0番(お見送り)

 

ら行

羅針盤らしんばん

ディズニーシーで行われていたクリスマスショー「セブンポート」に登場していたグーフィーのコスチュームを指す。

現在はクリスマス期間中に限り、ミステリアスアイランド〜ポートディスカバリー付近でグリーティングをしている。

「〜くん」

 

ランホ

ディズニーランドホテルの略称。

 

ンホミッキー、ランホミニー、ランホドナルド

ランドホテルで個人主催できる貸切パーティーに、キャラクターグリーティングを付帯できるプラン。

最小6人から、その日の宴会場の予約状況によって最大人数は異なる。

確認出来ている限りの最大人数は20人。

※人数が多くても少なくてもキャラクターの滞在できる時間は同じなので、少ない方が一人あたりのグリーティング出来る時間は長い。

 

陸(りく)

東京ディズニーランドのこと。

⇨関連:海

 

リド

メディテレーニアンハーバーの孤島、「リドアイル」の略称。

 

リバ鉄(リバ鉄ミッキー)

ウェスタンリバー鉄道の略称。ごく稀に、ミッキーがウェスタンランドエリア限定コスチュームのミッキーが先頭車両に乗り込んでグリーティングすることがある。

 

リハブ

語源はリハビリテーションの動詞「rehabilitate」から。省略され「rehab(リハブ)」。

「〜を修復する」という意味から、アトラクションやレストラン施設等の様々な場面で長期メンテナンスを指して使われている。

 

リマウジン

お正月パレードや地方遠征などで使用される。車の前後左右にミッキーシェイプ、ボンネットにティンカーベルが。

トミカにもなっている。現在は「リマウジン2」。

「リムジン」と「マウス」をミックスした造語。スペルは『LiMOUSine』。

(後部座席のルーフを外してオープンカー仕様になる。)

 

 

ルアウ

ランドのポリネシアン・レストランで公演される昼のキャラダイ、「リロのルアウ&ファン」の略。夜は「レインボー・ルアウ」なので、虹ルアウと呼ばれることも。

プライオリティーシーティング(要予約制)対象。

 

 

レベル13(れべるさーてぃーん)

タワー・オブ・テラーの期間限定特別バージョン。落下回数や演出が異なる。ほぼ毎年、1~3月の期間に開催される。

 

ロイ像

ランドのワールドバザールに入る手前の屋根下で、アニメーションサイズのミニーとベンチに腰をかけている男性の像。

ウォルト・ディズニーの実兄。Dヲタの待ち合わせ場所としてもしばしば活用される。

⇨関連:ウォルト像

 

 

ロマンス

ディズニーシーのプラザで会えるミニーのコスチュームを指す。元はロマンスディレクターの略称。

⇨関連:ディレクター、ファッション、ミースマちゃん

 

 

ロミジュリ

ミッキー・ミニーの「ロミオとジュリエット」をモチーフにデザインされたコスチュームをさす。

(2020年)現在ではキャラグリ付きバケパ申込みでのマゼランズラウンジでのみ会うことができる。(販売期間はかなり限定的&予約激戦)

 

ロスト

ロストリバーデルタの略称。

 ⇨関連:奥地

 

わ行

ワンス

「ワンス・アポン・ア・タイム」の略称。

ランドでは夜のレギュラーショー(プロジェクション・マッピングショー)として人気。

※ディズニーの下請け会社が制作した海外ドラマを指すことも。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

過去ログとして2019年版のURLをリンクしておきます(*´∇`*)

 

www.onemanshot.fun

 

 

 

【Dヲタ・ニュース】2019/12月のパークで起こったあれこれ

f:id:psyche8137143:20200101084728j:image

あけましておめでとうございます!

2020年、ねずみ年!One's Shot管理人きっしーは年男でございます!\('ω' )/

 

さっそく、昨日までの1ヶ月を振り返ってみましょー(*´∀`)人(´∇`)

 

【2019/11月に起こった出来事まとめはこちら】

https://www.onemanshot.fun/entry/2019/12/01/000429

 

 

12/2(月)

ワンマン2、ステージコンディションによるトラブル発生。

ヴィランズシーンからオーロラ姫へと変わる際に両サイドからイバラが出てこず、両サイドから幕が閉まる事態に。

その後は何事も無かったかのようにフィリップ王子のキスシーン後から再開。

 

12/3(火)

①「アナ雪2」ステマ問題で問題視。WDJが謝罪文掲載。

12/3・19:00頃に複数の漫画家が同映画のPRを装い感想漫画をSNSへ投稿。不自然さが目立ち、同SNSで拡散される。

漫画家が悪い?それとも仲介の下請け?

そもそもウォルト・ディズニーはアニメーターでクリエイターには最大の敬意を示す人物。

ネットリテラシーSNSリテラシーが問われる。

 

②日に日に激化していくワンマン自由席への開園ダッシュ

「ゲート最前だったのにどんどん抜かれていく」という内容で動画や写真が拡散される。

 

 

12/5(木)

ウォルト・ディズニー誕生日。

2020/4/15にオープンとなる「美女と野獣“魔法のもの がたり」、「ミニーのスタイルスタジオ」、「フォレストシアター」、「ベイマックスのハッピーライド」の主要施設について詳細がプレスリリースされる。

 

 

12/11(水)

ワンマン千秋楽まで残り3日。この日から自由席(元々かなり少ない)に並ぶゲストに対し、整理券対応に。

(公式サイトにも事前にお知らせ有り)

 

12/13(金)

ワンマンズドリームⅡ、終演。

約15年のロングランに幕を閉じました。

ショーベースの跡地に新たなプチスターウォーズエリアの「噂」があがる。

 

12/16(月)

ZIP特番で我らが風間俊介大先生のマニアックなディズニーランド特集が放送。

カントリーベアシアター(カンベア)の内装でクリスマスジャンボリーの期間だけ見ることが出来る「壁時計に雪」や、「絵画に赤いフォトフレーム」など事細かな紹介がなされる。

 

 

12/20(木)

「夢缶」販売終了。

・共通グッズ

刺繍入り今治タオル+年賀状(ミッキー、ミニーの2種類ランダム)

 

・当たり付き

特夢→アンバサダーホテル宿泊券(2020/1/30~31)

大夢→グッズ引換券

中夢→ポップコーン引換券

小夢→ステッカー

 

12/25(水)

クリスマスイベント2019、最終日。

TDSのハーバーショー、カラーオブクリスマスが8年目にして終演。来年の詳細は未だ発表されず。

 

12/26(木)

①1部エリアに出てくるプルート、グーフィーのお鼻が光沢版からマット加工に切り替わる。

確認できたのはグリーティングのみで、ショーパレでの写真は見当たらず。

 

TDSのハロー!ニューヨーク(ドックサイドステージ)で新バージョンがお披露目。

同ショーは2019年夏からリハブ→11月よりクリスマスバージョンが公演されていたが、12/25のクリスマスイベントの終了とともに翌日の12/26から通常版へ、、、と思いきや、急きょ新バージョンへと変更となりました。

 

12/27(金)頃

両パークで夜の時間帯から突発的に整列キャラクターグリーティング。

翌日12/28(土)~12/30(月)は年パス不可日だったため、ヲタク排除案?とも思わせる突発ぶり。

 

12/29(日)

年パス制限日にランド、シーともにダブル制限。

アトラクションの混雑具合が軒並み3桁超え。

公式サイトにて、午後に入ってからシーの制限解除時間が「未定」との表記。結果的には以下の通り。

ランド→11:00~17:30

シー→10:20~18:15

 

12/31(火)

晦日によりランド・シーともに短縮営業。

20:00より両パークともスペシャルナイトを実施。

年越しの花火は強風により直前まで公演するしないの判断を迷いながらも、風向き等も考慮した上で公演された様子。

 

翌1/1の朝6時にゲストは一度退園し、両パークとも8:00より仕切り直しの営業スタイルに。

 

 

以上、12月の出来事まとめでした!

抜けてる部分もあるかと思いますので、ご指摘などありましたらこっそり教えてください|ω・*)